Your Cart

グロースノイマルクト蚤の市 / Flohmarkt Großneumarkt

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

年に4回、ハンブルク、ノイシュタットの中心部で開催される比較的小さな蚤の市です。近所の人たちが自慢のアンティークや中古品を販売。40年の長い歴史と魅力に溢れています。

3.2 TOTAL SCORE

グロスナイマルクト蚤の市

インスタグラム

グロースノイマルクトでは、衣類、ジュエリー、家具、アンティークの宝物が色とりどりに並び、バーゲンハンターの心をくすぐるものが見つかるでしょう。


出店数 1
満足度 4
滞在時間 2
お宝発見度 5
リピート率 4
良い点
  • 近所の人たちが自慢の中古品を販売
  • 40年の長い歴史
  • 新品は禁止
注意点
  • 規模は小さめ
  • 年4回のみ

 

この蚤の市では、商業者と近隣の個人販売者がバランスよく混在しています。アンティーク、家庭用品、古着など、あなたの心を満たすものが色とりどりに並びますが、新商品はありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Klara(@klar_inchen)がシェアした投稿

アンティーク家具、本、磁器に加え、子供服や大人のシックなコートなど、住民の衣類の山の中から、「新しい」お気に入りのアイテムが見つかるかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sabine Schlicht(@sabine.hamburg)がシェアした投稿

晴れた日には木陰ができ、居心地のよいマーケットになります。一休みしたいときは、軽食の屋台で食事をするか、マーケット広場周辺のカフェでくつろぐことができます。また、暑い季節には、マーケット広場にあるアイスクリーム屋で涼むことができます。

5月から9月にかけて、定期的に開催されるこのマーケットは70年代から続いています。

周囲には、かわいいショップやカフェがひしめいています。買い物客は、新しいお気に入りを見つけたり、周囲のカフェでおしゃべりに花を咲かせます。

基本情報

名前 グロースノイマルクト蚤の市 / Flohmarkt Großneumarkt
開催日 日曜日(5月から9月)
時間 9 a.m. – 4 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 洋服、宝飾品、家具、骨董品
住所 Großneumarkt, 20459 Hamburg, Germany
詳細 公式ホームページ

地図

Stadthausbrücke / Rödingsmarkt駅近く

ドイツで人気のフリーマーケット



関連記事

ヨーロッパの磁器発祥の地、マイセンの魅力を解き明かす旅
マイセン磁器の歴史と職人技に魅せられる旅 マイセン磁器工場見学の魅力をご紹介します。マイセンは世界で最も有名で影響力のある磁器ブランドのひとつで、その歴史は300年以上にさかのぼります。ヨーロッパ磁器発祥の地を訪れ、その遺産を肌で感じてください。 東京の喧騒から、歴史と芸術、そして穏やかな風景が織りなす魅力的な町、マイセンへの旅に出かけましょう。最高級の磁器で知られるマイセンは、その長い歴史と現在を探求する旅へとあなたを誘います。経済的な予算を守りつつ、夏の一週間を最大限に楽しむためのガイドです。 東京から時を越えた芸術の町マイセンへ マイセンは、ドイツ東部ザクセン州に位置する都市です。あなたの冒険は、東京からドレスデンへのフライトで始まります。 ドレスデンはマイセンに最も近い大都市です。マイセンの人口は約3万人で、ドレスデンから約25km離れています。着陸後、絶景の中を走る電車の旅が、石畳の街並みとバロック建築が待つザクセンの中心地へとあなたを運びます。 経済的なフライトと早期予約で最良の取引を得ることを忘れずに、夏の旅行によくある季節割引もチェックしてください。 マイセン磁器製造所:芸術と職人技の出会い マイセン磁器工房は、1710年にポーランド王でザクセン選帝侯のアウグスト2世「強王」によって創設された豊かな歴史を持ち、ヨーロッパ最古の磁器製造の世界を垣間見ることができる場所です。ここでは、何世紀にもわたる職人技、芸術性、革新性が息づく文化遺産として、訪れる人々を魅了しています。 ...
ビュルガーヴァイデとハンザカレの蚤の市
ブレーメンの人気のフリーマーケット ブレーメンは街の音楽隊で知られているだけでなく、蚤の市も大変な人気です。10万平方メートルの敷地で開催されるこのマーケットは、ブレーメン市民に人気の娯楽であるだけでなく、ルール地方、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン、オランダからも多くの商人や観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
デュッセルドルフのP1蚤の市 / Trödel- & Sammlermarkt Düsseldorf P1
ドイツでも有数の蚤の市 デュッセルドルフのP1見本市駐車場で開かれるフリーマーケット。ドイツでも有数の蚤の市で、その規模の大きさと品揃えの豊富さで知られています。1992年に設立されたこの蚤の市は、今では国内最大級の規模に成長しました。 このマーケットは、蚤の市愛好家やアンティーク・コレクターにとってのパラダイスであり、ドイツの効率性、整理整頓、清潔さの典型を体現したような、巨大でありながら驚くほどよく整理された、整然とした広大なショッピングを体験できます。 [editorial-rating ...
ボーデ・ミュージアムのアンティーク&ブックマーケット
シュプレー川沿いに位置するベルリン・ミッテ地区では、1999年にユネスコ世界遺産に登録されたボーデ・ミュージアムでアンティーク&ブックマーケットを開催をしています。1992年以来、60以上のディーラーが、安価なモダンアンティークから希少価値のあるコレクターズアイテムまで、幅広い商品を提供。愛好家の目を楽しませています。 [editorial-rating ...
アグラ・アンティークマルクト / Agra Antikmarkt
ライプツィヒのフリーマーケット。特にガラスや陶器、高品質の骨董品がたくさんあります。30年以上の歴史があり、ヨーロッパで大規模なアンティークマーケットとしてトップ10に入ります。 [editorial-rating ...
ブレーメン・ヴェーザー蚤の市 / Bremer Weserflohmarkt
毎週土曜日にヴェーザー川のほとりで開かれるアンティーク・フリーマーケット。ブレーメンで最も有名な蚤の市のひとつです。衣料品、ゲーム、書籍、電化製品、宝飾品、食器、装飾品など、あらゆる種類のガラクタがここで見つかります。4月初旬から10月末までの毎週土曜日、8時から14時まで、天候に左右されることなく並びます。 [editorial-rating ...
ラドシュレッガー・マルクト / Radschlägermarkt
デュッセルドルフで最も古い蚤の市 デュッセルドルフの卸売花市場の周辺で開催される日曜蚤の市です。デュッセルドルフで最も人気のある蚤の市のひとつで、アンティークと1980年代のガラクタが混在する460以上の露店が立ち並びます。 [editorial-rating ...