Your Cart

アストゥリアス見本市 / Desembalaje Asturias

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

スペインで最高の蚤の市

毎年ヒホンで開催される見本市。スペインの様々な都市で開催される巡回見本市です。装飾品、収集品、アンティークの大規模な展示・販売フェアで、ヴィンテージやレトロの愛好家だけでなく、家族連れやあらゆる年齢層の来場者が楽しめます。

家具、装飾品、カメラ、本、切手、コインなど、少なくとも40年以上前の作品が5万点以上展示されます。

5.8 TOTAL SCORE

アストゥリアス見本市

facebook

ビルバオ、アストゥリアス、カンタブリア、ムルシアなど、さまざまな都市で1年を通してさまざまな日に開催されます。この見本市で販売するための条件のひとつは、展示されている作品が40年以上前のものであることです。


出店数 1
満足度 8
滞在時間 6
お宝発見度 6
リピート率 8
良い点
  • 国内外の90の出展者
  • 出品される商品は40年前のもの
注意点
  • 一般的に11月に開催
  • 年に数日間だけ開催

 

この3日間で、装飾品やレトロなアイテムのファンは、家のあらゆるコーナーや部屋を彩り、魅力的にする商品を見つけることができます。

スペイン全土および他のヨーロッパ諸国から合計90の出展者が商品を提供するほか、コレクターズ・アイテムを手に入れる方法について、アドバイスを提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ferias Desembalaje(@desembalajes)がシェアした投稿

ビンテージ・ファッションに興味のある人なら、衣料品を展示した屋台で選ぶのに迷うかもしれません。重要なのは「宝物を見つけるために出展者を探し回ること」で、成功させるためには「焦らず、交渉の精神で行く」のがベストです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ferias Desembalaje(@desembalajes)がシェアした投稿

アンティークの見本市として始まったこのイベントは、現在ではあらゆる価格帯、あらゆる予算に対応した品々を提供するようになりました。

また、装飾の世界とアンティーク品の修復を一般の人々に知ってもらうため、保存と修復に関する無料ワークショップも開催されます。見本市会場に来場された方は、主催者がバイヤーに用意した販売済み作品の輸送サービスを利用することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ferias Desembalaje(@desembalajes)がシェアした投稿

また、中央パビリオンの入り口に展示されるアンティークが当たる抽選会も行われます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ferias Desembalaje(@desembalajes)がシェアした投稿

スペイン見本市協会(Afe-Association of Spanish Fairs)の調査によると、この見本市は、マドリード、ビルバオ、ヒホンといった他の見本市を抑えて、スペインで最も多くの来場者を集める見本市となっているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ferias Desembalaje(@desembalajes)がシェアした投稿

ぶらぶら歩きながらデコの逸品を見つけるのに楽しい場所です。一定レベルの収集品が保証されているので、訪れる価値があります。

チケットはオンラインで4ユーロ、またはボックスオフィスで5ユーロでお求めいただけます。

基本情報

名前 フェリア・デセンバラヘ・アストゥリアス / Feria de Desembalaje de Asturias
開催日 金 – 日(毎年11月)
時間 (金)17:00~21:00
(土)11:00~21:00
(日)11:00~20:00
入場料 5€(12歳以下のお子様は入場無料)
取り扱い商品 コレクター、工芸品、家具、収集品、装飾品、アンティーク
住所 Paseo del Doctor Fleming, 481, 33203 Gijón, Asturias, Spain
詳細 公式ホームページ

地図

ルイス・アダロ・エキシビション・センターのパビリオンで開催。



関連記事

フエンヒローラ蚤の市 / El Rastro, Fuengirola
マラガ近郊で最大級の蚤の市 コスタ・デル・ソルの蚤の市。週に3回開かれますが、最も多くの中古品、ビンテージ品、アンティーク品が並ぶのは土曜日の開場です。掘り出し物が見つかることもあるので、一度覗いてみる価値はあります。 [editorial-rating ...
フェリア通りの木曜市 / Mercadillo el Jueves sevilla
スペイン最古の露店市 セビージャの首都のフェリア通りで開かれるフリーマーケット。アラブ時代にも露店があり、それが通りの名前の由来になっています。あなたは骨董品屋さんや中古品を扱う露店を見て回るのが好きですか?もしそうなら、セビージャの有名な木曜市は見逃せません。 [editorial-rating ...
エル・ラストロ・フリーマーケット / El Rastro Flea Market
マドリードで最も人気のある蚤の市 マドリードの有名なストリートマーケット。毎週末、10万人以上の人々が訪れます。3,500を超える露店が出店。古着やプラスチックのアクセサリー、VHSテープなどを探しているのなら、最適な場所です。 [editorial-rating ...
バレンシアの蚤の市 / El Rastro de Valencia
バレンシアで最も有名な蚤の市 バレンシアの中心部のフリーマーケット。アンティークやコレクターズアイテムをお探しなら、間違いなくここが目的地。特にコレクターにはスペインで最も人気のある蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
ナバセラーダの蚤の市 / El Rastro de Navacerrada
マドリード・シエラを代表する蚤の市 マドリッドの喧騒から遠く離れたバザールで、村の入り口にある、山々の美しい景色を見渡せる大きな広場に、修復された家具から絵画、おもちゃ、ビニール、食器、時計など、あらゆる種類のものが100以上の露店に並びます。マドリード地方で、隠れたお宝を探すのが好きな方には、手頃な価格で手に入るので、お勧めのマーケットです。 [editorial-rating ...
「MWC」スペインのバルセロナで開かれるモバイル見本市
新たなトレンドを定義する展示会 毎年、スペインのバルセロナで開かれるモバイル・ワールド・コングレス(MWC)は、技術通信・接続部門の業界団体であるGSMAが主催する国際的な業界イベントで、モバイル業界関係者が年に1度集まる5日間のイベントです。 [editorial-rating ...
ガウディの大作!サグラダ・ファミリアの魅力
建築と宗教が融合した空間 サグラダ・ファミリアは、バルセロナにある記念碑的なバシリカであり、アントニ・ガウディによって設計されました。この建築物は1882年に建設が始まり、ゴシック様式とアール・ヌーヴォー様式の融合を体現しています。未完成であるにもかかわらず、その複雑なファサード(正面の壁面)、そびえ立つ尖塔、象徴的な豊かさによって、何百万人もの観光客を魅了しています。 サグラダ・ファミリアには3つの壮大なファサードがあり、それぞれがイエス・キリストの生涯の重要な局面を表しています。キリスト降誕のファサードはイエスの誕生を祝い、情熱のファサードはイエスの苦しみと磔刑を描いています。また、栄光のファサードは死と最後の審判をテーマにし、完成時には世界で最も高い教会建築となる中央の尖塔を特徴としています。 ガウディは、サグラダ・ファミリアのために聖書の重要人物を象徴する18本の尖塔を構想しました。これには12使徒や四人の福音書記者、聖母マリア、そして最も高い尖塔であるイエス・キリストのものが含まれます。 内部では、複雑な柱が林立し、天蓋を作り出しています。これらの柱は木や枝を模してデザインされ、神聖な森の中にいるような感覚を呼び起こします。 ガウディは、サグラダ・ファミリアにキリスト教の象徴を取り入れ、バシリカがカトリック信仰のカテキズムとして機能することを意図しました。ファサードや内部には、聖書のシーンや美徳、罪の表現、その他無数の宗教的シンボルが描かれています。 ガウディの深いメッセージ サグラダ・ファミリアのファサードは、イエス・キリストの生涯と教えの重要な側面を表し、象徴的な意味を持っています。それぞれのファサードは、ユニークなメッセージを建築要素や彫刻を通して伝えるように設計されており、キリスト教信仰の視覚的な教えとしての役割を果たしています。 キリスト降誕祭ファサードは、イエス・キリストの誕生を祝い、生命と自然を象徴しています。喜びと高揚感を表現し、ガウディの深い信仰心と自然への愛を反映しています。 受難のファサードは、イエスの苦しみと犠牲を象徴し、冷淡で単純化された彫刻が恐怖と残酷さを表現しています。イエスの最後の日の重要な瞬間が劇的に描かれています。 栄光のファサードは、イエスの生涯と教えの集大成を体現し、永遠の命への道を表しています。美徳と罪について教え、神への道を象徴しています。 サグラダ・ファミリアのファサードは、石のバイブルとしての役割を果たし、訪れる人々に教育と鼓舞を与えています。 4つの建築様式が融合 サグラダ・ファミリアの建築様式は、スペイン後期ゴシック、カタルーニャ・モダニズム、アール・ヌーヴォー、ヌーセンティスムの融合であり、アントニ・ガウディはこれらの要素を取り入れ、ユニークで革新的なデザインを生み出しました。 彼のアプローチは伝統的なゴシック建築から逸脱し、角度のついた柱とハイパーボロイド・ヴォールトのシステムを導入しました。この折衷的な様式の融合と自然の形態や宗教的象徴の取り入れにより、サグラダ・ファミリアは建築の革新性と創造性の傑作となっています。 2026年主要部分完成 この教会の歴史は、建築家アントニ・ガウディの人生と深く結びついています。当初の構想は書店員のボカベッラによるものでしたが、ガウディが主任建築家に就任してからゴシックとアール・ヌーボォー様式を融合した独自の設計に変わりました。ガウディは余生をこの教会に捧げ、キリスト教の神秘を表す複雑な象徴主義を取り入れました。18本の尖塔、3つのファサードなどがその例です。 しかし、ガウディの死後、内戦やアナキストによる一部破壊などの困難に見舞われながらも、民間の寄付や新しい技術の導入により、少しずつ建設が進められてきました。完成時期は何度か延期され、現在は2026年に主要部分が完成する見込みですが、一部は2040年までかかる見通しです。 2010年にローマ教皇によりバシリカと宣言され、ユネスコの世界遺産にも登録されています。革新的な建築と精神性で、バルセロナで最も人気の観光地のひとつとなっています。 サグラダ・ファミリアはガウディの先見性と、これまで関わった人々の不撓な努力の結晶です。信仰と芸術、人間の精神性を体現したこの建築は、世界中から人々を魅了し、インスピレーションを与え続けています。 映画に刻まれたサグラダ・ファミリアの姿 サグラダ・ファミリアは、いくつかの映画に登場し、その見事な建築とバルセロナの魅力を映画の背景として紹介してきました。以下に、サグラダ・ファミリアで撮影されたシーンを含むいくつかの映画を紹介します。 それでも恋するバルセロナ(2008年): ...