Your Cart

フェイラ・ダ・ラドラ蚤の市 / Feira da Ladra

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

リスボンで最も古いマーケット

リスボンのアンティークと新品が混在するフリーマーケットです。アンティーク、特に洋服、おもちゃ、装飾品、そして手工芸品が好きな人には良い場所です。リスボンで土曜日の午前中に時間があれば、伝統的なアルファマ地区に行き、フェイラ・ダ・ラドラのマーケットを覗いてみるのはいかがでしょうか。

7.0 TOTAL SCORE

フェイラ・ダ・ラドラ蚤の市

インスタグラム

アンティークとビンテージショップが混在しています。壊れたもの、電子機器、中古品、シャンデリア、古い写真などがたくさんあります。近隣の街並みも美しく、散歩するには面白い場所です。


出店数 5
満足度 9
滞在時間 7
お宝発見度 6
リピート率 8
良い点
  • 中古品が圧倒的に多い
  • ポルトガルらしい品物は繁華街より安い
  • 12世紀から続くリスボン最古の蚤の市
注意点
  • スリに気をつける
  • アンティークが少ない
  • 多くの店は午後2時には閉店する

 

フェイラ・ダ・ラドラは、毎週火曜日と土曜日にサンタ・クララ広場(Campo de Santa Clara)に出店しています。通常、開始時間は早く、午前8時頃にはすでに何人かの商人が集まっています。古着や収集品、本、レコード、骨董品など、あらゆるものを売る屋台が混在しているのが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Feira Da Ladra(@feiradaladralisboa)がシェアした投稿

マドリードのラストロやロンドンのポートベロー・マーケットに似ています。

このマーケットは1272年に始まり、街の様々な場所で開催されていましたが、現在はこの場所に定着しています。現在では、掘り出し物を探したり、珍しい場所を知るために、多くのリスボン市民や観光客が訪れています。

フェイラ・ダ・ラドラという名前は、おおよそ「泥棒市」と訳されますが、名前の由来については諸説があり、盗品が売られていたことから「ラドラ」と呼ばれるようになったという説が最も有力です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka 🇵🇹(@haruka_portugal)がシェアした投稿

ラドラは、通常の市場商人と並んで、多くの若者が、自分が使わなくなったものや家族の古いものを売ってお小遣いを得るために選ぶ場所という特殊性を持っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer(@jenniferruts)がシェアした投稿

新品の服から中古の装飾品まで何でも揃っています。アンティーク、アートアイテム、コレクターズアイテム、現代的な手工芸品、クールな服、本、中国のものなど、あらゆる種類の小物が揃っていて、歩いていて楽しいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jaana Pajala(@jaanapajala)がシェアした投稿

マーケットは毎週火曜日と土曜日の明け方から昼過ぎまで開催されています。大きな屋台はたいてい新品のもので、中古品は売り手が床やカーペットの上に商品を並べます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lisboa(@camara_municipal_lisboa)がシェアした投稿

値段交渉は必須で、最初に提示された値段は断りましょう。特に複数の商品を購入する場合、より良い取引ができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CarlaLima(@carlacostalima___)がシェアした投稿

素敵な屋台が見つかったら、店員さんに、下手くそなポルトガル語で声をかけてみてください。数字を覚えて、「quanto custa?」(いくらで買えますか?)と聞いてみましょう。とはいえ、ほとんどの店員は観光客に慣れているためか、英語を話すことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lisboa(@camara_municipal_lisboa)がシェアした投稿

何か買いたいものがあれば、早い時間帯に行くとチャンスがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NotHome2DAY(@nothome2day)がシェアした投稿

レストランやカフェもあり、食事にも困りません。同じ敷地内にあるパンテオンや壮大なサン・ヴィセンテ・デ・フォラ教会もお見逃しなく。

フェイラ・ダ・ラドラ蚤の市のYoutube動画

広大な敷地なので、最低でも半日はかかるでしょう。坂道や階段が多いので、たくさん歩くことを覚悟の上、歩きやすい靴でお出かけください。

基本情報

名前 フェイラ・ダ・ラドラ蚤の市 / Feira da Ladra
開催日 火曜日、土曜日
時間 9 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 食品、衣類、骨董品、美術品、レコード、土産物
住所 Campo de Santa Clara, 1100-472 Lisboa, Portugal
詳細 ホームページ

地図

サン・ヴィセンテ・デ・フォラ修道院の裏にあるカンポ・デ・サンタクララで開催されています。
行き方:
地下鉄サンタ・アポロニア駅下車。カンポ・デ・サンタ・クララまで800メートル(徒歩10分)です。また、28番トラムや12番Eを利用する方法もあります。このほか、バイシャのマルティム・モニス広場を通る734番のバスもフェイラ・ダ・ラドラに行くことができます。



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック