Your Cart

暗号通貨・非課税国トップ13

アンティークバイヤーのノリです。好きな言葉は「人はパンのみにて生くるものにあらず」。物質的な豊かさだけではなく、精神的な充足感も大切にしています。

暗号通貨の税金を0%にしたいあなたへ

暗号通貨(仮想通貨)投資に高い税金を課す国が増加傾向にあります。暗号通貨の価値が上昇するにつれ、各国政府は暗号活動に対するキャピタルゲインや所得税を通じて歳入を増やす機会を捉えています。

しかし、税制面で優しい環境を求める暗号投資家にとって朗報もあります。この記事では、暗号税がない、または税率が非常に低く、移住先として魅力的な国トップ13のリストを紹介します。

仮想通貨の税率は、国によって大きく異なります。 暗号通貨を禁止している国や暗号通貨に課税している国がある一方で、暗号通貨に課税していない国もあります。

  国名 税率 備考
ポルトガル 0% 居住者であれば、仮想通貨の売却益に対する税金は免除されます。
ドイツ 0% 一定期間保有した場合、仮想通貨の売却益に対する税金は免除されます。
マルタ 0% 居住者であれば、仮想通貨の売却益に対する税金は免除されます。
4 シンガポール 0% 個人間の仮想通貨取引は非課税です。
5 マレーシア 0% 仮想通貨は資産とみなされず、税金は課税されません。
6 スイス 0% 一定期間保有した場合、仮想通貨の売却益に対する税金は免除されます。
7 キプロス 0% 居住者であれば、仮想通貨の売却益に対する税金は免除されます。
8 ケイマン諸島 0% 法人税、所得税、資本利得税などが課税されません。
9 バミューダ諸島 0% 法人税、所得税、資本利得税などが課税されません。
10 アメリカ領ヴァージン諸島 0% 法人税、所得税、資本利得税などが課税されません。
11 エルサルバドル 0% 仮想通貨のビジネスは課税されますが、個人は課税されません。
12 ジョージア 0% 個人の仮想通貨の取引は非課税です。
13 香港 0% 個人の暗号通貨活動が投資目的である限り、キャピタルゲイン課税はない。しかし法人の場合、デジタル資産が通常のビジネスの一環として取引されると、所得税が課されます。
       
暗号通貨に優しい国とは、一般的に暗号通貨の使用を促進する規制があり、暗号通貨取引に対する税制上の優遇措置や免税措置を提供している国を指します。

暗号通貨の価値が高騰を続ける中、多くの投資家がより有利な税制のある国への移住を検討しています。日本の場合、所得税は累進課税で、所得に応じて税率が変動します。

最高税率は55%(所得税+住民税+復興特別所得税)で、仮想通貨の利益は雑所得として扱われます。さらに、10億円の資産を相続する時は、所得税という名目で55%、相続税で55%取られるので、合計110%となり、10%余計に払わなければならなくなるので、相続放棄をするしかありません。

また、アメリカでは、暗号通貨は税務上、他の財産と同様に扱われます。 意図的であれ、記録管理が不十分であれ、暗号通貨取引の報告を怠ると、罰則や利息、さらには刑事責任を問われる可能性があります。

暗号通貨に対する課税は世界各国で異なります。しかし、ほとんどの政府は、暗号通貨を不換紙幣ではなく、資本資産のように扱っています。つまり、政府にとっては、暗号通貨を保有している場合、ドルのようなお金を保有しているのではなく、株式や債券のような資産を保有していることになります。そして、それに応じて支払わなければならない税金が適用されます。

一般的に、暗号を保有しているだけでは税金はかかりません。課税対象となるのは、ウォレットから暗号通貨を稼いだり使ったりした場合です。

キャピタルゲイン税

  • 一部の国では、所有する暗号通貨を処分して利益を得た場合、キャピタルゲイン課税が適用されます。この税金は通常、暗号資産を購入価格よりも高い価格で売却した場合に課されます。
  • ある暗号通貨を別の暗号通貨に交換した場合、これは通常、売却取引と見なされます。

所得税

  • キャピタルゲイン税に加えて、暗号通貨の利益を通常の所得として扱う国もあります。暗号通貨を積極的に取引している、または収入を得ている場合、所得税が課される可能性があります。
  • 特に高所得者の場合、所得税率は相当なものになる可能性があります。暗号通貨の収益に対する税金の影響を考慮してください。

二重課税

  • 新しい国に移住したからといって、必ずしも自国の納税義務から逃れられるとは限りません。二重課税を防ぐための租税条約を結んでいる国もありますが、その詳細を理解することが不可欠です。
  • 自国と新たな居住国の両方で、保有する暗号通貨とその利益を報告する必要がある場合があります。

法的規制環境

  • 税務上の居住地を変更するには、選択した国で市民権または居住許可証を取得し、年間183日以上をその国で過ごす必要があります。
  • マルタ、ポルトガル、アラブ首長国連邦のように、外国人が投資によって居住権を取得できる国もあります。

総合的な資金計画

  • 税金のことだけを考えて決断してはいけません。生活の質、医療、教育、雇用機会など他の要素も考慮する。
  • ファイナンシャル・アドバイザーや税務の専門家に相談し、長期的な目標に沿った包括的な計画を立てましょう。

税法は変更される可能性があるため、常に情報を入手し、専門家の助言を求めることが極めて重要です。税制上の目的だけで他国に移住するのは、経済的・個人的な生活のあらゆる側面を考慮した決断であるべきです。

中国、エジプト、アルジェリア、バングラデシュ、エチオピア、イラク、ほとんどのアフリカ諸国や、インドネシア、カザフスタン、トルコ、エクアドル、ボリビア、サウジアラビアでは、暗号通貨が禁止されています。