Your Cart

老後に最適なヨーロッパの国々

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

定年退職は、人生の甘美な段階であり、退屈な生活に別れを告げ、余暇と無限の可能性に満ちた世界を掘り下げてみましょう。一生懸命働いてきたのだから、これからは思いっきり遊ぶ時です。

なぜヨーロッパかって?絵のように美しいフランスの田園風景で目覚め、地中海のほとりでおいしいスペインのサングリアを飲み、食欲をそそるイタリア料理に舌鼓を打つヨーロッパは、多様で活気に満ちたライフスタイル、充実した医療、静寂と冒険の絶妙なミックスを提供してくれます。さあ、パスポートを持って、探検に出かけましょう。

フランス: ボルドーのなだらかなブドウ畑やプロヴァンスのラベンダー畑で目覚める光景を思い浮かべてください。フランスには豊かな文化、絶品料理、ゆったりとした生活ペースがあります。さらにフランス人は、ゆったりとしたカフェ巡りやセーヌ川沿いの午後の散歩など、黄金期の楽しみ方を知っています。

オランダ:ゴッホやレンブラントといった偉大な遺産を持ち、自転車文化が盛んで、芸術、文化、エコフレンドリーな暮らしのミックスを求める定年退職者に最適です。

スペイン:バルセロナの賑やかな通りからコスタ・デル・ソルの静かなビーチまで、スペインにはすべてがあります。タパス、フラメンコ、シエスタ・・・リタイア世代がこれ以上何を求めるというのだろう?晴天が続き、物価も手ごろなのだから。

イタリア: ラ・ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)が待っている!イタリアには古代遺跡、ルネッサンス芸術、そしてあなたの舌を唸らせるグルメシーンがあります。広場でエスプレッソを飲んだり、フィレンツェの曲がりくねった通りを散策したり、アマルフィ海岸を眺めたり。

ポルトガル: リスボンのカラフルな街並み、ポルトのポートワインセラー、アルガルヴェの黄金のビーチなど、ポルトガルは退職した人たちにとって隠れた宝石です。リーズナブルで居心地がよく、のんびりとしたライフスタイルが楽しめます。さらに、パステイス・デ・ナタ(カスタードタルト)は絶品です。

ギリシャ: アテネで内なる哲学者に思いを馳せ、キクラデス諸島を島巡りし、地中海の太陽を浴びましょう。ギリシャは古代の歴史と素晴らしい景観が融合しており、地元の人々は人生を謳歌する方法を知っています。

オーストリア: ウィーンのクラシック音楽、ザルツブルクのバロック建築、アルプスの雄大な山々など、オーストリアは五感に響くシンフォニーです。ウィーンのカフェでコーヒーを飲んでいても、チロルでハイキングをしていても、ここでの老後は調和のとれた体験となるでしょう。

老後は目的地だけでなく、旅が重要であることを忘れないでください。だから、不思議な感覚を詰め込んで、未知の世界を受け入れ、ヨーロッパに魔法をかけよう。

手の届く夢 生活費対生活の質

ヨーロッパでのリタイア生活は、絵のように美しい風景や魅力的なカフェだけではありません。リタイア後の生活をより充実したものにするために何が必要なのか、その詳細をご紹介しましょう。

生活費: ヨーロッパは一枚岩ではありません。物価が安い国もあれば(こんにちは、ポルトガル!)、お財布に厳しい国もあります(スイス)。住居費、食料品費、交通費、医療費などの要素を考慮しましょう。よく調べて賢く選びましょう。

手頃な価格の宝石: ポルトガルは手頃な価格で常に上位にランクインしています。アルガルヴェ地方は晴天が多く、美しいビーチがあり、物価も安い。スペイン、特にアンダルシア地方も低予算で行ける選択肢のひとつです。温暖な気候でフレンドリーな地元の人々が多いギリシャも、決して高くはありません。

生活の質:小銭の問題ではなく、幸せの問題です。値段だけではありません。その国の医療は充実しているか?公共交通機関は効率的か?文化的な活動や社交の機会はあるか?このような無形のものを重要視しましょう。

隠れた費用: 隠れた出費に注意しましょう。税金、ビザ代、為替レートは予算に影響します。また、近隣諸国への旅行を計画している場合は、旅費も考慮に入れましょう。退職後の必需品であるジェラートもお忘れなく。

老後は競争ではなく、人生のヨーロッパの大通りをのんびりと散歩するものだということをお忘れなく。だから、賢く選んで、エスプレッソを飲み、景色を楽しみましょう。

不動産の海を航海する 不動産価格と所有権法

ヨーロッパの楽園を所有する魅力!しかし、トスカーナのブドウ畑やプロヴァンスのシャトーを思い描く前に、不動産価格と所有権に関する法律について知っておきましょう。

不動産価格:ヨーロッパの不動産価格は、タパスの盛り合わせのように様々です。驚くほどお手頃な地域もあれば(ポルトガルに注目)、お財布が泣くような地域もあります(こんにちは、モナコ!)。現地の不動産市場を調査し、価格を比較し、アメニティへの近さ、眺望、近隣の雰囲気などの要素を考慮しましょう。

所有権に関する法律: 外国人の不動産所有については、国ごとに独自のルールがあります。非居住者の購入を歓迎する国もあれば(スペイン、ギリシャ)、制限のある国もあります(スイス、デンマーク)。法的要件、税金、居住許可について調べましょう。また、現地の言葉で「モーゲージ」を覚えておくこともお忘れなく。

借地権と自由借地権: 国によっては、借地権物件(建物は所有するが土地は所有しない)と自由保有物件(両方とも所有する)があります。どちらが自分の老後の夢に合っているか考えてみよう。オリーブ畑のあるトスカーナの別荘?自由所有権。パリの別荘?借地権で十分かもしれません。

官僚主義への警告:多くの書類作成に備えよう。証書、公証人、税金、翻訳・・・まるで法的迷路の借り物競争のようです。しかし、恐れることはありません。地元の専門家(不動産業者や弁護士)にガイドを依頼しましょう。そして、忍耐が鍵であることを忘れないでください。ローマは一日にして成らず、夢のマイホームも一日にして成らず。

さあ、冒険家の皆さん、不動産の海に船出しましょう。コッツウォルズの居心地の良いコテージでも、マヨルカのフィンカでも、あなたの物件探しが宝探しのようにエキサイティングでありますように。

墓場に片足?もう一度考える ヨーロッパ諸国の平均寿命

引退とは消え去ることではなく、人生の次の章を受け入れることです。平均寿命がバイエルンのビール缶のように丈夫なヨーロッパほど、それを実現するのに適した国はないでしょう。グラスを掲げて、長寿に乾杯しよう。

オランダ: 平均寿命は81.81歳とEU平均を上回り、犯罪率も低いため、安全で長寿であることを保証しています。高齢者同士が支え合うコミュニティがあることで、住民はオランダでよりくつろぐことができます。

フィンランド: フィンランドは犯罪率が低く、生活費もリーズナブルで、65歳以上の市民のコミュニティも充実しており、平均寿命も長い。フィンランド式サウナの心地よさ、シベリウス交響曲の調和のとれた背景、冬が風景にもたらす魔法がフィンランドを崇高なものにしています。

スペイン: スペインの太陽の光が降り注ぐビーチやサングリアに酔いしれる “フィエスタ “は、楽しみを求めるリタイア世代にアピールすること間違いなしです。健康志向のリタイア世代は、スペインの優れた医療制度と、世界で2番目に高い平均寿命(83歳)を高く評価するでしょう。

イタリア: パスタ、ワイン、そして愛の国!イタリア人の長寿ぶりは、まさに “la dolce vita “を反映している。トスカーナのなだらかな丘からローマの賑やかな通りまで、人生は味わうためにあります。

フランス:召し上がれ!フランス料理、上質なワイン、そして生きる喜びが、フランス人の長寿を支えている。さらに、セーヌ川沿いの散歩やプロヴァンスでのピクニックは、心を若々しく保ってくれます。

スウェーデン:スウェーデン人はワークライフバランスを極めている。サウナ、さわやかな空気、そして強力な社会的セーフティネットが、健康で幸せな長寿に貢献しています。

ギリシャ: ヒポクラテス発祥の地は、健康について熟知している。ギリシャの島々、オリーブオイル、夕暮れ時のダンス。

スロベニア: ヨーロッパで最も知られざる秘密の国、スロベニアの魅力は、ドラマチックな景観、上質なワイン、そして物価の安さにあります。犯罪指数が低く、平均寿命が80歳代と高いスロベニアは、リタイア後の楽園として魅力的です。

アンドラ:ピレネー山脈に抱かれたこの小さな公国は、新鮮な山の空気、低ストレス、緊密なコミュニティを誇ります。アンドラ人は、長寿に大きさは関係ないことを証明しています。

冒険家の皆さん、好奇心旺盛で次の冒険への準備が整ったベテラン旅行者のように人生を楽しみましょう。たくさんの夕日と、少しのシワに乾杯!

忘れることを忘れない 事務処理

人生の大きな決断につきものの必要悪。ヨーロッパでの退職も例外ではありません。忍耐力と丈夫なペン、そして(もちろん勇気を出すための)ワインで武装して、この官僚的迷路を一緒に通り抜けましょう。

滞在許可証: 長期滞在を計画している場合は、居住要件を確認しよう。国によっては、退職ビザやEU市民以外の居住許可を出しているところもある。書類を集め、必要事項を記入し、面接に備えましょう。官僚は休暇中のナマケモノのようにマイペースで動くことをお忘れなく。

ヘルスケア登録: 特にローマの広場でエスプレッソを飲んでいるときには、医療は非常に重要です。現地の医療システムに登録し、EHIC(欧州健康保険カード)を取得し、緊急時の電話番号を覚えておきましょう。ヒポクラテスの誓いを唱える必要はありません。

税金と申告:税金-誰もが好きなトピックです!現地の税法を理解し、申告書を提出し、外国からの所得があれば申告しましょう。必要であれば専門家の助言を求めましょう。また、納税は共同ポットラックに貢献するようなもので、ごちそう(公共サービス)を後で楽しむことができることを忘れないでください。

銀行口座と公共料金:スムーズな取引のために現地の銀行口座を開設する。公共料金(電気、水道、インターネット)を設定し、請求書を速やかに支払う。公共料金の請求書を外国語で解読できればボーナスポイント。(ヒント:Google翻訳があなたの味方です)

法的書類: 遺言書、委任状、不動産証書など!現地の弁護士に相談し、法的な手続きを確実に行いましょう。ヴィンテージ・ワインのコレクションを猫に残すことに決めたら、遺言書を更新することもお忘れなく。

定年退職者の皆さん、熟練した冒険家のように、整理整頓をし、少し苛立ち、ユーモアを交えて書類作成に取り組みましょう。書類に記入するたびに、トスカーナの別荘に一歩ずつ近づいていることを忘れないで。

結論

生活費と生活の質を天秤にかけ、不動産の海を航海し、長寿を謳歌し、書類作成の迷宮にも挑んできました。パリのビストロでワインを飲むにせよ、アテネで古代遺跡に感嘆するにせよ、ヨーロッパでのリタイアメントを計画するとき、あなたの毎日が笑いに満ち、夜は星を眺め、そしてあなたの心が放浪の旅で満たされますように。プラハの石畳の通りを選ぼうと、キプロスの太陽が降り注ぐビーチを選ぼうと、あなたの黄金期がルネッサンスの傑作のように活気に満ちたものでありますように。

パスポートに喜びのスタンプが押され、スーツケースが思い出でいっぱいになり、心がいつまでも若々しくありますように。