Your Cart

なぜ金(ゴールド)の価格が上昇しているのか?

金価格が急騰している理由

金は今後も上昇する?今買うべき?

2024年5月現在、金価格は過去最高値付近で取引されています。この上昇は、中央銀行の多様化、予想されるFRBの利下げ、インフレ懸念、そして個人投資家の熱狂が、金の記録的な価格高騰の主な原動力となっています。以下、主要な要因を詳しく解説します。

新興国中央銀行による金購入の拡大

中国、トルコ、インド、ロシアなどの新興国中央銀行は、自国の外貨準備を分散化し、リスクを低減するために金を購入しています。米ドルの価値が低下傾向にあることや、米国の金融政策が自国の経済に悪影響を及ぼす可能性への懸念から、金への投資を拡大しています。

中国の中央銀行は17ヶ月以上前から積極的に金を購入しており、昨年の世界の中央銀行による購入額の4分の1を占めています。

この傾向は2008年の世界金融危機以降特に強くなっており、これらの銀行は米ドル、ユーロ、円のような不換紙幣から外貨準備を分散しようとしています。例えば、2023年には世界の中央銀行が約1,037トンの金を購入しており、中国が主要な買い手となっています。

また、ウクライナや中東の紛争など地政学的緊張が続いているため、潜在的な制裁や経済不安から外貨準備を守るために金を購入しています。

金は、インフレや経済危機などのリスクに強い資産とみなされています。中央銀行は、金を購入することで、自国の将来世代のために資産価値を保存することを目指しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rolls-Royce Motor Cars(@rollsroycecars)がシェアした投稿

中国個人投資家の金需要増加

中国では、経済不安と人民元安が、個人投資家をより安全な投資対象へと向かわせています。中国の株式市場と不動産セクターの低迷により、多くの投資家が信頼できる価値の貯蔵品として金に目を向けるようになっています。

中国では政府暗号通貨取り締まる投資の選択肢が限られているため、個人投資家の金購入が増加しています。これには、延べ棒やコインなどの金現物の購入や金ETFへの投資が含まれます。

金は有形資産であり、特定の政府や経済のパフォーマンスに直接連動しないため、魅力的なヘッジとなっています。

中国における金ETFの資金流入の急増は、他の地域における資金流出とは対照的であり、強い国内需要を浮き彫りにしています。

金価格上昇の要因

その他の要因

投資家は、連邦準備制度理事会(FRB)がインフレに対抗するために今年後半に金利を引き下げると予想しており、利回りのない金は債券のような収入を得る資産よりも魅力的になっています。

原油価格の上昇はインフレ懸念を煽り、インフレヘッジとしての金の需要をさらに高めています。

個人投資家も金に投資しており、コストコは最近、旺盛な需要を背景に金の延べ棒の販売を開始しました。

金価格が上昇する不可解な理由

  • 欧米では、投資家の陶酔感や金ETFへの資金流入が不足している。金ETFの保有量は2024年には実際に減少している。
  • 金現物のプレミアムとアメリカン・イーグル・コインの販売は通常通りであり、大きな強気相場を示すものではない。
  • 金鉱株は、これまでの強気相場とは異なり、金価格の上昇を下回っている。

アナリストの予測では、金価格は上昇を続け、2025年末にはピークで1オンスあたり3,000ドルを超えると予想する者もいます。しかし、2024年には1オンスあたり2,200ドルから2,300ドル程度と、より保守的な予想をしているアナリストもいます。

結論

金価格上昇は、新興国中央銀行による金購入の拡大、中国個人投資家の金需要増加、世界的なインフレ懸念、低金利環境、世界の金生産量の減少など、様々な要因が複合的に作用した結果といえます。これらの要因が持続する限り、金価格は更なる上昇が見込まれます。

金は、インフレや経済危機などのリスクに強い資産とみなされており、中央銀行や個人投資家にとって、資産価値を保存するための重要な手段となっています。

とは言っても、金投資には、インフレ防止、ポートフォリオの分散、流動性といった長所がある一方、利回り不足、ボラティリティ、保管コストといった短所もあります。

米国のインフレデータ、連邦準備制度理事会(FRB)の金利決定、中国や新興国からの継続的な需要などの要因が、2024年の金の軌道に影響を与えるでしょう。

金は、インフレ対策やポートフォリオの分散化としても有効な資産です。 有形資産で売買も容易なため、投資家にとって魅力的な存在と言えるでしょう。

しかし、金価格上昇だけが投資判断の理由ではありません。専門家は、ポートフォリオ全体の10%以下を目安に、金への投資を推奨しています。



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

バフェットの哲学を自分の投資に取り入れる方法
バフェットの投資哲学の核心とは? ウォーレン・バフェット。誰もが知る投資界の巨匠であり、その卓越した投資センスと長期的な成功で世界中の投資家から称賛されています。 オマハの賢人と呼ばれる彼は、50年以上にわたってバークシャー・ハサウェイを率い、驚異的な投資成果を上げてきました。彼の投資スタイルは、本質的価値、長期的な成長、質の高い経営に焦点を当てた、規律あるバリュー投資アプローチが特徴です。 しかし、なぜバフェットはこれほどまでに成功することができたのでしょうか?彼の投資哲学の核となるものは何なのか?そして、私たち凡人投資家は、彼の成功をどのように学ぶことができるのでしょうか? この記事では、ウォーレン・バフェットの投資スタイルを深く掘り下げ、彼の成功の秘訣を解き明かしていきます。彼の投資哲学を学ぶことで、あなた自身の投資スキルを向上させ、より良い投資判断を下せるようになるでしょう。 バリュー投資のスタイル バリュー投資は、企業の本質的な価値に基づいて割安と判断される銘柄を購入する投資手法です。この手法は、ベンジャミン・グレアムによって体系化され、ウォーレン・バフェットによって広く知られるようになりました。以下に、バリュー投資の主要なスタイルとその特徴を詳述します。 本質的価値の重要性 バリュー投資において、本質的価値の理解と分析は、成功への鍵となります。それは、企業の真の価値を把握することで、市場価格との乖離を見つけ、割安なうちに投資し、長期的な利益獲得を目指すからです。 本質的価値とは、企業の将来の収益性、キャッシュフロー、資産価値、競争力などを考慮した「真の価値」を指します。これは、短期的な株価変動や市場心理に左右されることなく、企業の長期的な成長見込みに基づいて算出されます。 本質的価値を重視する理由 1. ...
一生お金に困らない!富を築き、維持するための8つの秘訣
 富を築くためのシンプルな戦略 富を築き、維持することは、多くの人にとって夢であり、同時に大きな課題でもあります。経済的な安定を手に入れ、人生の選択肢を広げたいと願うのは当然のことですが、その道のりは決して簡単ではありません。 様々な情報やアドバイスが溢れる現代社会において、真に効果的な方法を見つけるのは困難です。投資、節約、支出管理など、様々な要素が絡み合い、何が正解なのか判断が難しいと感じてしまうかもしれません。 しかし、諦める必要はありません。富を築き、維持するためのヒントは、実は私たちの身近に存在します。 モーガン・ハウゼル著「サイコロジー・オブ・マネー」は、行動経済学や心理学の視点から、富を築き、維持するための新たな視点を探求したユニークな一冊です。本書では、お金に関する私たちの思考や行動を左右する様々な心理メカニズムを明らかにし、より賢く、そして豊かに暮らすためのヒントを提供しています。   この投稿をInstagramで見る   Ferrari(@ferrari)がシェアした投稿 著者がこの本を執筆した理由 著者が「サイコロジー・オブ・マネー」を執筆した動機は、お金と人間行動の複雑な関係性を探求することにありました。 著者は、金融の意思決定が必ずしも合理的な分析に基づいているわけではなく、感情や個人的な経験、心理的要因に大きく左右されることに着目し、金融と心理学の交差点を検証することで、人間の行動が金銭的な判断にどのように影響するのかを明らかにしたいと考えたのです。 また、著者は、たとえ裕福であっても、お金との関係に悩む人が多いことに気づき、金貨を海に投げ捨てるという逸話からも見られるような、一見理解しがたい行動の背後にある心理的メカニズムを解明し、成功者にとってもお金との付き合いは簡単ではないことを示そうとしました。 本書では、読者が自身の背景、偏見、感情が金銭的な選択や結果にどのように影響を与えているかを認識できるよう促し、より健全な金銭的な意思決定を行うために役立つ、実践的な洞察を提供することを目指しています。 さらに、著者は、恐怖、貪欲、プライド、嫉妬、過信など、投資家の行動に一貫して影響を与える普遍的な人間の傾向に興味を持ち、こうした人間の本質的な性質を金融の視点から探求することで、時代を超えて通用する洞察を得ようとしたのです。 このレビュー記事では、本書の主要な内容を紹介し、お金に対する考え方や行動を変えるためのヒントを考察していきます。 感情に振り回されない 人は必ずしも完璧に合理的な存在ではなく、過去の経験や感情、周囲の環境などによって、お金に対する見方や行動が左右されます。本書では、こうした人間の心理的な側面が、投資や節約などの金融的な意思決定にどのように影響を与えるのかを解説。お金に対する感情的な反応を認識し、理解することで、より思慮深く慎重な金銭的決断ができるようになると説明します。 富を築いて終わりではない 富を蓄積するのと、富を維持するのとでは、戦略や考え方が異なります。富を築くためには、野心や自信といった積極的な行動が重要です。しかし、築いた富を維持するためには、リスク管理や長期的な視点といった慎重な判断が求められます。本書では、積極性と慎重さのバランスを取ることが重要だと述べています。 100万円が1億になる!? 複利の力は過小評価されがちですが、小さな、一貫した行動が、時間の経過とともに大きな経済的成長をもたらすことがあります。本書では、複利の仕組みをわかりやすく解説し、時間を味方につけてどのように資産を増やすことができるのかを具体的な例を用いて示しています。 現状に満足する知恵 常に「もっと」を目指すのではなく、現状に満足できる状態を築くことが重要です。本書では、他者との比較や、ライフスタイルの過度な追求は、かえって幸福感を損なう可能性があることを説明し、真の豊かさとは何かについて考察しています。   経済的な成功には謙虚さが不可欠? 個人の努力や能力だけでは、富の創造には限界があります。本書では、経済的な成功には運や偶然の要素も大きく影響することを認め、謙虚な姿勢を持つことの重要性を説いています。 短期的な損失に惑わされない 本書では、お金で購入できるものの中で最も価値があるのは「時間」であると強調されています。経済的自由とは、究極的には自分の時間と人生の選択をコントロールできるようになることです。家事代行などのサービスを活用して、自分の時間を増やすのがいいでしょう。 経済情勢に左右されない投資戦略 投資において最も重要なのは、リターンを最大化することではなく、リスクをコントロールしながら着実に利益を積み重ねていくことです。金融市場は常に変化しており、どんなに綿密な計画であっても、思わぬ事態によって崩れてしまう可能性があります。経済情勢の変化、金利の変動、予期せぬ出費など、様々な要因が私たちの資産に影響を与える可能性があります。本書では、長期的な視点に立って、分散投資やポートフォリオ管理の重要性を説いています。 お金のストレスを減らす 私たちの目標やニーズは進化するものであり、財務戦略も進化すべきであると言います。現在の生活状況や将来の希望に沿うよう、定期的に財務計画を見直し、調整しましょう。本書は、お金に関するテクニカルな知識だけでなく、心理的な側面にも重点を置いている点が特徴です。読者が自分自身のお金の行動パターンを理解し、より良い意思決定をできるようにするためのヒントが満載されています。 まとめ モーガン・ハウゼルの『サイコロジー・オブ・マネー』は、私たちの感情や偏見が金銭的判断にどのように影響するかを探求した示唆に富む書物です。本書は、金融リテラシーの向上と良い投資選択を目指す人にとって必読の一冊です。 著者は、金融の意思決定が合理的な分析よりも感情や誤解に左右されることが多いと主張しています。歴史的事例、心理学的研究、パーソナル・ファイナンスの逸話を通して、お金に関するメンタル・モデルがいかに私たちを迷わせるかを巧みに説明しています。 本書の最も価値ある教訓は以下の2点です: ...
複利はいかにあなたの投資を加速させるか
あなたは億万長者の秘密兵器を発見したか? 世界で最も尊敬される投資家の1人であるウォーレン・バフェットが、どうやって莫大な資産を築いたのか不思議に思ったことはないでしょうか?その答えは意外かもしれません。リスクの高い賭けや話題の株を追いかけるだけではありません。実は、バフェットは誰もが利用できる強力なツール、複利に頼っているのです。 この記事では、複利の世界を掘り下げ、ウォーレン・バフェットがなぜ複利を ...