Your Cart

ウィートン・オールナイト・フリーマーケット / Wheaton All Night Flea Market

アメリカ中西部担当 at フリーマーケット情報

バイヤーのめぐみです。趣味は料理です。好きな言葉は、七転び八起き。

イリノイ州ウィートンで開催されるフリーマーケット。年に一度、夏の時期に開催されます。

5.6 TOTAL SCORE

ウィートン・オールナイト・フリーマーケット

facebook

このフリーマーケットは、収集品、骨董品、記念品など、様々なものが出品されています。


出店数 2
満足度 7
滞在時間 6
お宝発見度 6
リピート率 7
良い点
  • 100以上のベンダー
  • 駐車場は無料
  • セレブリティ
注意点
  • ガラクタも多い

 

通常、おいしい食べ物、アルコールはなく、地元のバンドのライブ、スペシャルゲストのエンターテイメント、そしてたくさんのジャンク品を手に入れることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tim Zurko(@zurkopromotions)がシェアした投稿

イベントは午後3時に始まり、真夜中まで続きます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bryan Ehmke(@bryanehmke)がシェアした投稿

トラベルチャンネル、ナショナルジオグラフィック、アンティークトレーダーなどでアメリカのトップ10フリーマーケットに選ばれたこのイベントには、中西部全域からディーラーやバイヤーが集まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Becca Whitaker(@whitaker.becca)がシェアした投稿

アンティーク、民芸品、クローズアウト、シャビーシック、家庭用品、カントリーファーム、工業製品、広告、コイン、収集品など、100以上のベンダーから1000以上のお宝が出品されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stephanie Richter(@stephielayne)がシェアした投稿

ビンテージアイテムも多くコレクターにはたまりません。ディーラーの展示は建物、小屋、テント、そして屋外に設置されているので、「雨でも月でも」開催されます。懐中電灯やランタンがあると便利です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tim Zurko(@zurkopromotions)がシェアした投稿

マイナーな有名人がサインを売っていたりします。会場内では、たくさんの屋台が並び、食べ物やスナックも提供されます。

名前 ウィートン・オールナイト・フリーマーケット
Wheaton All Night Flea Market
開催日 土 (8月中旬)
時間  3 p.m. – 3 a.m.
入場料 $10.00(12歳以下は無料)
取り扱い商品 アンティーク、収集品、玩具、スポーツ収集品、工芸品、美術品、ポップカルチャーなど
住所 2015 Manchester Rd, Wheaton, IL 60187
詳細 公式ホームページ

地図

デュページのフェアグラウンド

 



関連記事

オールド・タイマーズ・アンティーク・センター / Olde Timers Antique Centre
シカゴ地域最大のアンティーク・モールです。130以上のディーラーが出店。本物のアンティークと高品質のコレクターズアイテムを、適正な価格で販売しています。 [editorial-rating ...
ランドルフ・ストリート・マーケット / Randolph Street Market
イリノイ州シカゴで開催されるフリーマーケット。ビクトリアンハウスのドアや窓など、大きい物が集まるヨーロッパ風のマーケットです。 [editorial-rating ...
プリンディーズ・アンティーク・モール / Prindi’s Antique Mall
イリノイ州サンドウィッチのダウンタウンにあるアンティークモール。とてもかわいいお店で、プリミティブなものから新品同様のものまで、あらゆるものを販売しています。 [editorial-rating ...
エリザベス・グランド・アンティーク / Elizabeth’s Grand Antique Co.
ガレナ郊外にあるアンティークモール。28,000平方フィートの敷地に200以上の業者が出店しています。 [editorial-rating ...
シカゴ美術館-The Art Institute of Chicago
アメリカ三大美術館の一つ、シカゴ美術館の魅力 メトロポリタン美術館、ボストン美術館と並び称されるアメリカ三大美術館のひとつ。年間170万人が訪れる館内はかなり広いですが、それぞれの作品がテーマごとに並んでいて常設展示だけでも見応えがあります。マネやモネ、ルノアール、ゴッホ、セザンヌなどヨーロッパの印象派のコレクションを間近で見られます。ピカソやアンディ・ウォーホルの作品もあります。 葛飾北斎、歌川国芳、東洲斎写楽などの浮世絵作品も充実しています。日本ギャラリー(屏風ギャラリー)は安藤忠雄のデザイン。時間があれば絵画の説明を聞きながらツアーもおすすめです。 主な見どころ ギュスターヴ・カイユボットの「パリの通り、雨」 この投稿をInstagramで見る Allegra ...
ケインカウンティ・フリーマーケット / Kane County Flea Market
イリノイ州セントチャールズで開催されるフリーマーケット。広大なフェアグラウンドに600以上の出店者がテーブルを並べています。 [editorial-rating ...
ウルフズ・フリー・マーケット(ローズモント) / Wolff’s Flea Market – Rosemont
オールステートアリーナの駐車場で開かれるフリーマーケット。この蚤の市は4月から10月まで毎週日曜日に開催されます。 [editorial-rating ...