Your Cart

ソー・ラストセンチュリー・ヴィンテージ・フェア / So Last Century vintage fair

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

トップクオリティでありながら手頃な価格

2日間にわたって開催されるフェアで、50の厳選されたビンテージ・トレーダーが勢ぞろい。屋外には、バリスタ・コーヒー・バン、チョコレート・ブラウニー屋台、クレープ屋台が出店し、週末を楽しく過ごすことができます。

4.6 TOTAL SCORE

ソー・ラストセンチュリー・ヴィンテージ・フェア

インスタグラム

20世紀中頃の家具、照明器具、ホームウェアを扱う、ロンドン南部の手頃なヴィンテージ・フェア&マーケット。


出店数 1
満足度 7
滞在時間 4
お宝発見度 5
リピート率 6
良い点
  • アクセス便利
  • カード対応可
  • おむつ替え・授乳室完備
注意点
  • 現金持参

 

So Last Centuryは2015年からロンドンでヴィンテージ・フェアとマーケットを開催し、年に12~14回開催しています。ベッケナム、キャットフォード、ペッカム、ニュークロスなど、ロンドン市内のさまざまな場所で開催されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So Last Century(@so_last_century)がシェアした投稿

20世紀半ばの家具、照明、陶磁器、家庭用品、装飾品、オリジナルポスター、版画、書籍、レコード、ヴィンテージデザイナーファッション、アクセサリーなどが見つかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So Last Century(@so_last_century)がシェアした投稿

フェアの特徴は、家庭用品からファッションまで、リーズナブルな価格のビンテージ品に重点を置いていることです。ビンテージ・ファッションのスペシャリストも多く、選び抜かれた品揃えなので、ファッショニスタもがっかりすることはないでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So Last Century(@so_last_century)がシェアした投稿

また、どんな家にも似合うものに生まれ変わるアップサイクルされたアイテムや再利用のアイデアも多数紹介しています。クリエイティブなアイデアのヒントを見つけるのにも最適です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So Last Century(@so_last_century)がシェアした投稿

ほとんどの出店者がカード払いに対応しており、家具など大きなものを買いたい場合は配送サービスも行っています。

基本情報

名前 ソー・ラストセンチュリー・ヴィンテージ・フェア / So Last Century vintage fair
開催日 土 – 日
時間 11 a.m. – 4 p.m.
入場料 £3(16歳未満は無料)
取り扱い商品 20世紀半ばの家具、家庭用品、照明器具、陶磁器、ガラス、装飾品、テキスタイル、家具、1960~70年代のオリジナル・ポスター、アート、版画、レコード、サルベージ品、デザイナーズ古着
詳細 公式ホームページ

アクセス

New Cross

ロンドン大学ゴールドスミス校の中心的存在であるリチャード・ホガート・ビルディング内の巨大なグレート・ホールに、約50の素晴らしいヴィンテージ・ディーラーが集結。

Goldsmiths, University of London, Lewisham Way, New Cross, London, SE14 6NW

Catford

最大規模のフェアが開催される場所。巨大なホールに50以上の業者が出店し、少なくとも2台の屋台、バリスタ・コーヒー、ランチタイムには生演奏もある。

St Dunstans College, Stanstead Road, London, SE6 4TY

セント・ダンスタンズ・カレッジはキャットフォードの中心部にあり、キャットフォード駅-徒歩2分、キャットフォード・ブリッジ-徒歩3分

Peckham

鉄道アーチを改装した2つの会場や、屋外のパビリオン下とヤードに、25のビンテージ・トレーダーが出店。ペッカム北部のオールド・ケント・ロードに位置する小さな宝石のような場所。

AMP Studios, 897a Old Kent Road, Peckham, London SE15 1NL

クイーンズ・ロード・ペッカム駅、ニュー・クロス・ゲート駅から徒歩10分。周辺道路に無料路上駐車あり。

Beckenham

ロンドン南東部、ルイシャムとブロムリーの境界線上に位置し、18世紀後半に建てられた邸宅が会場となっている。15~20の業者が出店し、暖かい季節には屋外に30もの業者が出店する。

Venue 28, Beckenham Road, Beckenham, London  BR3 4LS

鉄道:ベッケナム・ヒル駅-徒歩8分、ベッケナム・ジャンクション駅-徒歩12分、レイブンズボーン駅-徒歩15分



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ロンドン・ナショナル・ギャラリー -The National Gallery, London
 ロンドンで最も有名な美術館の1つです。市民による市民のための美術館として1824年にロンドンで開館されました。中世から印象派までの絵画コレクションは圧巻で、所蔵されている作品の価値は、パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵します。 フェルメールの作品は2点あります。レオナルドダヴィンチ、レンブラント、エルグレコ、ゴッホ、ルノワールの名画など同じ作家でも年代ごとに作風の変化が楽しめ、美術史がよくわかる配置になっています。長椅子もたくさん置いてあるので、気に入った絵画の前でスケッチをしたり、作品やアーティストの詳細を調べたりしながら、ゆっくり鑑賞できます。 コレクションの基礎となったのは、ロイズ保険組合の発展に寄与したロシアの銀行家ジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画。その後、何世紀にもわたって収集した2300点の名作を展示しています。これらが無料で見れるのは圧巻です。 大英博物館ほど混んでいません。館内は広いので急ぎ足で回っても3時間はかかります。数日足を運んでゆっくり見て下さい。 カフェも落ち着いていてアフタヌーンティーを楽しめます。絵画の撮影も自由です。宗教画が多いですが、芸術や美術史が好きなら、インスピレーションを得るために一見の価値がある美術館です。 見どころ ・ゴッホの「ひまわり」   この投稿をInstagramで見る   SunYu(@wangsunyu)がシェアした投稿 ・フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」   この投稿をInstagramで見る   Duncan ...
サンベリー・アンティーク・マーケット / Sunbury Antiques Market
南イングランドで最大のフリーマーケット ケンプトン・パーク競馬場で開催されるフリーマーケットです。ヨーロッパのプレミアアンティークマーケットの一つとして認識されています。 [editorial-rating ...
アーディングリー・アンティーク・フェア / Ardingly Antique Fair
イングランド南東部ウェスト・サセックス州ヘイワーズ・ヒースで開催されるフリーマーケット。インターナショナル・アンティーク&コレクターズ・フェアー(IACF ...
ピーターバラ・フェスティバル・オブ・アンティークス / Peterborough Festival of Antiques
イギリスのピーターバラで開催されるアンティークフェア。2,000を超える出店があり、アンティークやビンテージの愛好家、コレクター、インテリアデザイナーにとって、必ず訪れるべきイベントです。 [editorial-rating ...
ウェンブリー・アンティーク・マーケット / Wembley Park Antiques Market
イギリスで最も新しいアンティークマーケット ロンドン北西部最大のアンティーク・マーケットです。2021年に初めて開催されたウェンブリーパークアンティークマーケットで、国内最高のアンティークディーラーや、ヨーロッパからのディーラーなど、多様な顔ぶれが集まっています。 [editorial-rating ...
アダムス・アンティーク・フェア / Adams Antiques Fairs
イギリスで権威あるフェアのひとつ 1970年代に始まったロンドンで最も長い歴史を持つ日曜アンティーク・フェアです。ヨーロッパとイギリス全土から業者が集まります。 [editorial-rating ...
大英博物館 / British Museum
ロンドン旅行の定番スポット ロンドンを訪れたら必ず訪れる国立の博物館。世界中の遺産が展示されています。入館料は無料です。1階から3階のフロアに分かれています。展示品は貯蔵品の10%以下しかありませんが、あまりの広さに1日ではとても回りきれません。 古代エジプト文明やギリシャ文明の工芸品や、ロゼッタストーン、ラムセス二世の像など、教科書に出てくるコレクションの実物を見ながら歴史の重みを感じることができます。写真撮影は、ほとんどの展示室でOKです。大英博物館では無料と有料のガイドツアー(英語)もあります。 主な見どころ ロゼッタストーン この投稿をInstagramで見る British ...