Your Cart

ノースコート・ロード・アンティーク・マーケット

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ロンドンで見逃せないアンティーク・マーケット

クラシックな家具、オリジナルの版画や水彩画、ヴィンテージ・ジュエリー、ヴィクトリア朝の食器などあらゆる時代のアンティークやレトロな品々が所狭しと並びます。地元の人々の生活を感じたい人にピッタリの場所です。

5.4 TOTAL SCORE

ノースコート・ロード・アンティーク・マーケット

インスタグラム

ターディスのような屋内マーケットには、アンティークからレトロなデザインの品々、ジュエリーなど、たくさんのヴィンテージ品が並んでいます。


出展数 1
満足度 8
滞在時間 6
リピート率 7
お宝発見度 5
良い点
  • フレンドリーなスタッフ
  • リーズナブルな価格
  • 30店が出店
注意点
  • 入口が小さくて中が広い
  • カフェがない
  • 全体的には高価

 

算に応じたアイテムが揃っており、5ポンドから5,000ポンドのアンティークやコレクターズアイテムを扱うディーラーが30軒出店しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bussakorn Muay Thai(@bussakornmuaythai)がシェアした投稿

1986年に設立され、それ以来ビンテージ品や収集品を扱っています。クラシックな19世紀や20世紀初頭のものから、アートの時代のものまで、あらゆる種類のものがここにあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO IOKA 井岡美保(@iokamiho)がシェアした投稿

何時間でもそこに居られたかもしれません。このセンターは、いつでも少なくとも4、5人のフレンドリーで知識豊富なスタッフが常駐しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amena(@a_for_amena)がシェアした投稿

イギリスの歴史を感じさせる銀器、オリジナルの版画、陶磁器、ビンテージの衣装など、他では手に入らない美しい一点ものの宝物が見つかります。値切る覚悟は必要ですが、その価値は十分にあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Heather(@heather.rolfe36)がシェアした投稿

ノースコート・ロード・アンティーク・マーケットのYoutube動画

ロンドン中心から近いので行きやすいでしょう。ノースコート・ロードはロンドン南西部で最もトレンディーで多彩なショッピング・ストリートのひとつです。生肉、オリーブ、ケーキ、ジュエリー、衣料品、美術工芸品に加え、日用品など何でも揃うノースコート・ロード・マーケットもあります。

ヴィクトリア朝やエドワード朝様式の魅力的な建築物が建ち並び、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥るかもしれませんが、ノースコート・ロードのショップ、カフェ、レストラン、アート・ギャラリー周辺は、現代的な活気に満ちています。

基本情報

名前 ノースコート・ロード・アンティーク・マーケット
Northcote Road Antiques Market
開催日 毎日
時間 月-土: 10 a.m. – 5:30 p.m.
日:12 a.m. – 5:00 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 家具、額装された絵、家庭用品、銀、陶磁器、ガラス、鏡、アールデコ、版画
住所 155A Northcote Road, SW11 6QB, England
詳細 公式ホームページ

地図

最寄りのバス停からは徒歩5分。

イギリスで人気のフリーマーケット15選



関連記事

ビンテージヘブン / Vintage Heaven
家族経営のビンテージ・ショップ ロンドン東部のベスナル・グリーン、コロンビア・ロードにある小さな宝石箱のような店です。キッチンのアクセサリー、ビンテージの陶器や食器、ファブリックなどを買うならここです。アフタヌーン・ティーを楽しむ人たちにおすすめのお店です。 NHKで放送されている『世界はほしいモノにあふれてる』旅するバイヤー ...
ニューアーク・アンティーク・フェア / Newark Antiques Fair
イギリスのノッティンガムシャー州ニューアークで、年に6回開催されるヨーロッパ最大級のアンティークフェア。1回の開催で2500を超える出店があります。 [editorial-rating ...
ランウェイ・マンデー / Runway Monday
毎年6回開催されるイベントで、イギリス、アイルランド、そして北欧の近隣諸国から600以上の業者が集まり、一日限りのマーケットを開催します。 [editorial-rating ...
タインマス・マーケット / Tynemouth Market
イギリスで訪れるべき最高の海辺のマーケット 毎週土曜日と日曜日、地下鉄タインマス駅のプラットフォームで開かれるフリーマーケット。バーゲンハンターや観光客でにぎわいます。その壮大なガラス張りの屋根付きなので雨が降っても濡れません。この地域の人でなくても、ぜひおすすめします。 [editorial-rating ...
ポートベロー・マーケット / Portobello Road Market
ロンドンで最も賑わう観光スポット ロンドンでも最大級のフリーマーケット。アンティークから生鮮食品まで、1000軒以上の店が軒を連ねています。ロンドンで最も古いマーケットのひとつで、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが主演した1999年の映画「ノッティングヒル」の舞台にもなりました。 [editorial-rating ...
マルバーンの蚤の市 / Malvern Flea & Collectors Fair
ウスターシャー州最大のワンデーフェア マルバーンの蚤の市は、年に9回開催されるイギリス最大のフリーマーケットです。250の露店が家具や家の収集品まで、様々な商品を販売しています。 [editorial-rating ...
ロンドン・ナショナル・ギャラリー -The National Gallery, London
 ロンドンで最も有名な美術館の1つです。市民による市民のための美術館として1824年にロンドンで開館されました。中世から印象派までの絵画コレクションは圧巻で、所蔵されている作品の価値は、パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵します。 フェルメールの作品は2点あります。レオナルドダヴィンチ、レンブラント、エルグレコ、ゴッホ、ルノワールの名画など同じ作家でも年代ごとに作風の変化が楽しめ、美術史がよくわかる配置になっています。長椅子もたくさん置いてあるので、気に入った絵画の前でスケッチをしたり、作品やアーティストの詳細を調べたりしながら、ゆっくり鑑賞できます。 コレクションの基礎となったのは、ロイズ保険組合の発展に寄与したロシアの銀行家ジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画。その後、何世紀にもわたって収集した2300点の名作を展示しています。これらが無料で見れるのは圧巻です。 大英博物館ほど混んでいません。館内は広いので急ぎ足で回っても3時間はかかります。数日足を運んでゆっくり見て下さい。 カフェも落ち着いていてアフタヌーンティーを楽しめます。絵画の撮影も自由です。宗教画が多いですが、芸術や美術史が好きなら、インスピレーションを得るために一見の価値がある美術館です。 見どころ ・ゴッホの「ひまわり」   この投稿をInstagramで見る   SunYu(@wangsunyu)がシェアした投稿 ・フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」   この投稿をInstagramで見る   Duncan ...