Your Cart

ロンドン屈指の会員制プライベートクラブ13選(メイフェア地区)

ロンドンのプライベートクラブ

究極のプライベート空間へようこそ

ロンドンの中心部に位置するメイフェア地区は、高級ブランド店や一流レストラン、歴史的な建造物が立ち並ぶ、まさに洗練された街並みです。その中でも、ひときわ目立つのが、数多くのプライベート会員制クラブの存在です。

これらのクラブは、単なる社交場ではありません。それぞれが独自の雰囲気や文化を持ち、会員に特別な体験を提供しています。入会は容易ではありませんが、一度その扉を開ければ、名声、富、そしてかけがえのない人脈を手にすることができるでしょう。

本記事では、メイフェア地区で最も魅力的なプライベート会員制クラブ13選をご紹介します。それぞれのクラブの特徴、入会条件、魅力的なポイントなどを詳しく紹介していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mayfair(@mayfair_ldn)がシェアした投稿

メイフェアのプライベート会員制クラブとは?

メイフェア地区のプライベート会員制クラブは、単なる社交の場ではなく、ビジネス、人脈形成、文化活動など様々な目的で利用できる特別な空間です。入会には厳しい審査があり、会員は社会的に成功を収めた人々や著名人など、限られた人々のみが許されます。

入会方法は、まず既存会員からの推薦を得ることが必須です。推薦者はあなたの評判や経歴を保証する役割を担います。推薦を得た後、クラブの入会審査を受けることになり、面接や財政状況の確認などが行われます。

入会金と年会費はクラブによって大きく異なりますが、一般的には入会金が数千ポンドから数万ポンド、年会費が数千ポンドから数万ポンドの範囲となります。

メイフェアのプライベート会員制クラブに入会することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 社会的に成功した人々や著名人との交流の機会
  • ビジネスチャンスの獲得
  • 人脈形成
  • 文化活動への参加
  • 限られた空間での食事やイベントの体験

つまり、メイフェアのプライベート会員制クラブは、社会的地位の確立や人脈作り、ビジネスチャンスの拡大、文化的な体験など、様々な目的で利用できる特別な存在です。しかし、入会には既存会員の推薦と厳しい審査、高額な会費が課されるため、一般の人には手が届きにくい場所でもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mayfair(@mayfair_ldn)がシェアした投稿

Annabel’s

ロンドン社交界の頂点に君臨するアナベル・プライベート・メンバーズ・クラブは、極めて排他的で威信に満ちた存在です。1963年の創設以来、王族、セレブリティ、ビジネスエリートらが集う究極の社交の場として名高く、入会には厳しい審査と高額な会費が課されます。

アナベルズの魅力は、比類なき豪華なアメニティと特別な体験にあります。レストラン、バー、ナイトクラブ、スパ、ガーデンテラスなどの充実した施設に加え、アート、デザイン、ファッションなどの文化的イベントが多数開催されています。会員は、洗練された空間で上質なサービスを受けながら、刺激的な時間を過ごすことができます。

しかし、その一方でアナベルズは一般人には手の届かない存在でもあります。年会費は3,250ポンドと1回限りの入会金1,750ポンドが必要で、さらに会員数が数千人程度と極めて限られていることから、入会は容易ではありません。2018年には14,000人以上の入会希望者がウェイティングリストに登録されていたと言われています。

つまり、アナベルズに入会できるかどうかは、経済的な余裕と並々ならぬ社交界での地位が必要不可欠な条件となります。富裕層やエリートとの交流を求め、ロンドン社交界の頂点に立ちたいという強い思いがあれば、アナベルは最適な選択肢と言えるでしょう。

一方、一般の方にとってはアナベルズの会費は高額に過ぎるかもしれません。その場合、他のプライベートクラブを検討するのが賢明です。例えばソーホーハウスやホームハウスなど、アナベルズほど排他的ではありませんが、十分に魅力的なクラブが数多くあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AOV(@a_ona_v)がシェアした投稿

The Twenty Two

メイフェアに位置するThe Twenty Twoは、2022年にオープンした新しいプライベート会員制クラブです。クラシックとモダンが融合した洗練された空間と、リラックスした雰囲気が魅力的な一方で、マドンナやFKAツイッグス、イドリス・エルバなど、セレブの行き交うトレンディな場所としても注目を集めています。

The Twenty Twoの最大の魅力は、「クリエイティブで好奇心旺盛」な人々が出会う場所を提供していることです。アート、ファッション、エンターテイメント界から集まったメンバーが交流し、刺激的な出会いを生み出す空間となっています。

内装はシャンデリアや大理石の床など、クラシックなエレガンスと現代的なラグジュアリーが見事に融合しています。一方で、ドレスコードがないため、メイフェアの他の高級クラブに比べてリラックスした雰囲気が醸し出されています。しかし、地下のクラブ/ナイトライフエリアは活気に満ち、夜遅くまで賑わいを見せます。

アメニティも充実しており、クラブエリアに加え、31室のブティックホテルとオールデイダイニングが併設されています。会員はリビングルームやイベント、二次会用のホテル客室なども利用できます。

料金面では、33歳以下の会員は年会費が750ポンドと比較的リーズナブルです。飲食代もメイフェア内では手頃な設定となっています。

このように、The Twenty Twoはメイフェアの伝統的な高級クラブとはひと味違う、リラックスしたアーティスティックな雰囲気を提供しています。豪華な環境の中で、クリエイターやセレブと交流できる点が大きな魅力です。

ただし、年会費に加えホテル利用料や飲食代もかさむため、一定の費用負担は避けられません。また、メイフェアの他のクラブに比べてカジュアルな雰囲気を望まない方には不向きかもしれません。

つまり、The Twenty Twoへの入会は、費用的な余裕があり、リラックスしたアーティスティックな空間を求める方におすすめできます。クリエイター、セレブと交流したい、豪華な環境でありながらカジュアルな雰囲気を好むという人にとって、最適な選択肢となるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Burak Alp(@av.burakalp)がシェアした投稿

The Arts Club

ザ・アーツ・クラブは、160年以上の歴史と伝統に裏打ちされたロンドン最古かつ最も権威あるプライベート会員制クラブの一つです。メイフェアに位置するこのクラブは、芸術、文学、科学分野の著名人を数多く会員として迎え入れてきました。その中には、ウィリアム・モリス、オスカー・ワイルド、チャールズ・ダーウィン、ウィンストン・チャーチルなど、名だたる人物の名前が挙がります。

会員資格は極めて厳しく、新会員は毎年1月1日のみ申請が可能です。会員数は公表されていませんが、数千人程度と推定されています。クラブは「見識ある思想家と思想的指導者」からなるコミュニティを育成し、芸術と文化に対する共通の認識を持つ人々の交流の場を提供することを目指しています。

18世紀の優雅なタウンハウス内には、レストラン、バー、ライブハウス、美術展示スペースなどの豪華なアメニティが揃っています。会員は、アート、文学、ファッション、映画などをテーマにしたトークショーやギャラリーツアーなど、充実したプログラムを楽しめます。さらに、プライベートダイニングルームやシガーラウンジ、会員専用ホテルルームも完備されています。

一方で、ザ・アーツ・クラブの会費は高額です。33歳以上の会員は年会費2,800ポンドに加え、入会金2,000ポンドが必要となります。33歳未満の会員でも年会費1,500ポンドと入会金1,000ポンドが課されます。さらに飲食代やイベント参加費、ホテル利用料などの追加費用も発生します。

このように、ザ・アーツ・クラブは芸術文化に深い関心を持つ富裕層向けのプライベートクラブと言えます。伝統と格式に裏打ちされた高級で洗練された体験と、尊敬すべき会員コミュニティへのアクセスが最大の魅力です。

しかし、高額な会費は一般の方には大きな障壁となるでしょう。入会を検討する際は、芸術、文学、科学への深い関心と、高額な会費を支払う経済的な余裕があるかどうかを慎重に見極める必要があります。伝統的な英国の社交界を体験したいという強い思いがあれば、ザ・アーツ・クラブは最適な選択肢となるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Food Luxo(@foodluxo)がシェアした投稿

Mark’s Club

マークスクラブは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的な高級プライベートクラブです。1973年の創設以来、伝統と革新が融合した洗練された空間と、厳選されたメンバーシップで知られています。

このクラブは、エレガントなメイフェアのタウンハウス内に位置し、伝統的な英国紳士クラブの雰囲気と現代的な洗練さを兼ね備えた空間を提供しています。会員は洗練されたマナーとサービスの中で、特別な時間を過ごすことができます。

マークスクラブの最大の特徴は、極めて限られた会員数と厳しい入会審査にあります。会員は約1,500人と推定され、単にお金持ちやステータスが高いだけでは入会できません。「面白さ」や「個性」が求められ、様々なバックグラウンドを持つ「世界的な人々」が集まるエリートな社交クラブとなっています。

アメニティも充実しており、評価の高いシェフによるレストラン、落ち着いたバー、プライベートダイニングルーム、会員専用ホテルルームなどが揃っています。近隣のクラブとは異なり、派手な雰囲気ではなく、控えめながらも洗練された空間でゆっくりと時間を過ごせます。

一方で、マークスクラブの会費は法外な金額となっています。年会費は約2,000ポンド、新規入会には1,000ポンドの入会金が必要です。さらに飲食代やホテル利用料など、追加費用も発生します。

つまり、マークスクラブは伝統と革新が融合した極めて排他的な社交クラブですが、その高額な会費と厳しい入会審査は、富裕層にのみ開かれた場所であると言えます。入会を検討する際は、経済的な余裕、伝統的な英国社交界への興味、厳選されたメンバーシップへの憧れなどを慎重に見極める必要があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Volzhenka(@volzhenka)がシェアした投稿

Harry’s Bar

ハリーズバー・プライベートメンバーズクラブは、ロンドン・メイフェアの中心部に位置する極めて排他的な高級クラブです。1979年の創設以来、ベネチアのハリーズバーを彷彿とさせるエレガントな空間と、本場のイタリア料理で知られています。

クラブの内装は、ベネチアのシャンデリアやムラノガラス、フォルチュニィの生地など、イタリアのリラックスした豪華さを体現しています。華やかながらも落ち着いた雰囲気は、まさにハリーズバーの魅力です。

ハリーズバーへの入会は非常に厳しく、新規会員には2名の既存会員による推薦が必要です。会員数は公表されていませんが、数千人程度と推定されています。

エレガントなイタリアンレストランでは、手打ちパスタや肉魚料理、72時間かけて焼き上げたピザ生地など、本格的なイタリア料理が味わえます。伝統のレシピで作られた絶品の料理が自慢です。

一方で、ハリーズバーの会費は非公表ながら、他の高級メイフェアクラブと同様に年間3,000~4,000ポンド程度と見られています。さらに高級イタリア料理の食事代も法外な金額になると予想されます。

つまり、ハリーズバーは極めて排他的で、洗練されたイタリアンダイニング体験を提供する一方で、その高額な会費と料理代は超富裕層のみが手が届く水準であると言えます。

入会を検討する際は、経済的な余裕、イタリア料理への情熱、伝統的な英国社交界への興味、厳選されたメンバーシップへの憧れなどを慎重に見極める必要があります。エレガントな空間と本格的なイタリア料理に魅力を感じる方にとって、ハリーズバーは最適な選択肢となり得るはずです。

George Club

ジョージクラブは、ロンドン・メイフェアの中心部に位置する極めて排他的な高級プライベートクラブです。2001年の創設以来、リチャード・ケアリングが所有する名門バーレー・クラブ・グループと提携し、高級感とリラックスした雰囲気を併せ持つことで知られています。

入会は非常に厳しく、既存会員2名の推薦と入会理由の詳細な説明が必要です。20年以上の歴史の中で、王族、政治家、ビジネスリーダー、文化人など、様々な分野で活躍する著名人や影響力のある人物を会員として迎え入れてきた名門クラブです。

クラブの内装は、デヴィッド・ホックニーの作品などクラシックとコンテンポラリーが融合したエレガントながらリラックスした雰囲気です。会員は洗練されたサービスの中で、まるで「我が家」のように快適に過ごせます。

アメニティも充実しており、レストラン、バー、プライベートダイニングルーム、メイフェア最大級の屋外テラスなどが揃っています。さらにペットフレンドリーで、犬用の特別メニューも用意されています。

一方で、ジョージクラブの会費は非公開ながら、他の高級クラブを参考にすると年会費は2,000~4,000ポンド程度と見られています。さらに飲食代やイベント費用、ホテル利用料金など追加費用も発生します。

つまり、ジョージクラブは極めて排他的で高級なプライベートクラブですが、その高額な会費は主に富裕層のみが手が届く水準であると言えます。入会を検討する際は、経済的な余裕、ロンドン社交界への関心度、会費に見合うメリットがあるかどうかを慎重に見極める必要があります。エレガントでリラックスした空間、充実したアメニティ、名門クラブとしての歴史に魅力を感じる方には、ジョージクラブは最適な選択肢となり得るでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Watts 1874(@watts1874)がシェアした投稿

5 Hertford Street

5ハートフォード・ストリート(5HS)は、ロンドン・メイフェアに位置する世界で最もエリートで影響力のあるプライベートクラブの一つです。王族、セレブリティ、政治家、超富裕層など、社会の頂点に立つ人々が頻繁に訪れる、まさに権威と格式の象徴です。

会員資格は極めて限定的で、創設者のロビン・バーリーが選んだ500人のみが認められています。既存会員からの推薦を得ることも非常に難しく、選ばれし者だけが入会できる特別な空間となっています。

5HSは、ハリー王子とメーガン・マークルの初デートやブレグジット前の会合など、数々の歴史的イベントの舞台にもなり、その名声は世界中に轟いています。

内装はクラシックな英国スタイルと現代的な豪華さ、芸術性が融合した洗練されたデザインで、バー、レストラン、ナイトクラブ、シガールームなど充実したアメニティが揃っています。アットホームな雰囲気の中で一流のサービスが提供されます。

一方で、会費は非公開ながら年会費は1,800ポンド前後と推定され、さらに飲食代やホテル代など追加費用がかさむと考えられます。

つまり、5HSはプライバシー、豪華さ、比類のない威信を求める超富裕層向けの極めてエリートなクラブです。入会を検討する際は、経済的な余裕、エリート社交界への憧れ、プライバシーの重視度、雰囲気やアメニティへの魅力、他クラブとの比較検討が重要になります。5HSの排他性と高額な総費用は一般の方には手が届かない存在であることは間違いありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kate Fullman(@kate.fullman)がシェアした投稿

Oswald’s

オズワルドは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的で権威ある高級プライベートクラブです。1983年の創設以来、王族、政治家、セレブリティ、超富裕層のエリートが頻繁に訪れ、その洗練された雰囲気と一流のサービスで社交界における特別な地位を確立してきました。

オズワルドの最大の特徴は、会員のプライバシーを厳格に守ることです。ソーシャルメディアは一切使用せず、公開情報も制限されているため、会員は安心して交流を楽しめます。

歴史的にも、2023年のチャールズ3世戴冠式前夜にはロイヤルファミリーの祝賀会が開催されるなど、ロンドン社交界の中心的な存在です。

内装はムラーノ製のシャンデリアや暖炉、豪華な調度品など、クラシックな英国のエレガンスを体現しています。ダイニングエリア、バー、ワインセラー、プライベートダイニングルームなど、充実したアメニティも魅力です。洗練されたサービスとドレスコードにより、親密で控えめな雰囲気が提供されます。

一方で、オズワルドの会費は非公開ながら、他の高級クラブを参考にすると年会費は2,000~4,000ポンド程度と極めて高額になると推定されます。さらに飲食代やワイン代、ホテル代など追加費用も発生します。

つまり、オズワルドはプライバシー、豪華さ、比類のない名声を求める超富裕層のみが手が届く、極めて排他的な存在です。入会を検討する際は、経済的な余裕、プライバシーへのこだわり、ロンドン社交界への憧れ、他クラブとの比較検討が重要になります。オズワルドの雰囲気やアメニティに魅力を感じる方でも、その高額な会費と追加費用が払える経済力がなければ入会は難しいでしょう。

Maison Estelle

メゾンエステルは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的で権威あるプライベートクラブです。その独占性、一流の立地とアメニティ、洗練された会員層で知られる一方で、入会は容易ではなく、高額な会費と厳しい審査基準が課されます。

最大の特徴は、極上のプライバシーと独占性にあります。会員のプライバシー保護のため、公開情報は制限され、内部での写真撮影も禁止されています。入会希望者は既存会員の推薦と雇用情報の提供が必須です。

立地とアメニティも一流で、1772年築の歴史的タウンハウスを拠点に、豪華なラウンジ、ライブラリー、複数の飲食店、ルーフテラス、ナイトクラブなどが揃っています。メディア、アート、ファッション、富裕層など、多様で洗練された会員層が集まります。

一方で、入会金635ポンド、年会費3,935ポンドと極めて高額な会費がかかります。さらに飲食代やイベント費用など追加費用も発生します。また、入会には既存会員の推薦と厳しい審査をクリアする必要があり、容易ではありません。

つまり、メゾンエステルは極上のプライバシーと豪華なアメニティ、洗練された会員層を求める超富裕層のみが手が届く、極めて排他的な存在です。入会を検討する際は、経済的な余裕、求める社交界の種類、アメニティや評判が高額な会費に見合うかどうかを慎重に判断する必要があります。

人によっては、メゾンエステルのような排他的な雰囲気を居心地悪く感じるかもしれません。しかし、プライバシーと格式を重視し、法外な会費を支払うことを厭わない超富裕層にとっては、最高の社交クラブとなり得るでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WineAmateur(@wineamateur)がシェアした投稿

Nikita

ニキータは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的で威信の高い超高級プライベートクラブです。クラブに関する公開情報は制限されており、会員のプライバシーと神秘的な雰囲気が保たれています。

ニキータの最大の魅力は、その排他性と威信にあります。入会は極めて厳選されており、既存のエリート会員からの推薦が必須とされます。会員にはビジネス、金融、エンターテイメント、貴族などの超富裕層が名を連ねています。

クラブは個人の豪邸を思わせる豪華で親密な雰囲気を提供することを目指しています。内装や雰囲気からは洗練された思慮深さが感じられるとされていますが、具体的なアメニティの詳細は不明です。一般的にメイフェアのエリートクラブには、高級ダイニング、バー、ラウンジ、宿泊施設などが備わっています。

一方で、ニキータの会費に関する情報は公開されていません。しかしその極端な排他性から、年会費は法外な金額になると推測されます。さらに飲食代や宿泊費など追加費用も発生するでしょう。

つまり、ニキータは超富裕層とエリートサークルのみが手が届く、極めてプライベートで威信の高いクラブです。しかし、入会手続きやアメニティ、会費の詳細については情報が限られています。

ニキータへの入会を検討する際は、そのような超エクスクルーシブな環境を望むか、高額な費用を支払う経済的余裕があるか、威信とプライバシーが他のロンドン一流クラブよりも高額な投資を正当化できるかどうかを慎重に判断する必要があります。また、極端に排他的な雰囲気を好まない方には不向きかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikita London(@nikitalondonmayfair)がシェアした投稿

Upstairs at Langan’s

アップステアーズ・アット・ランガンズは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的で独特な雰囲気を持つプライベートメンバーズクラブです。「メイフェアの最高の秘密」と呼ばれるこのクラブは、古きロンドンの魅力と現代的な社交生活を融合させた、洗練された雰囲気と活気に満ちたエンターテイメントで知られています。

最大の魅力は、その排他性と神秘的な雰囲気にあります。アップステアーズ・アット・ランガンズは「招待制」のクラブで、会員には特別な帰属意識とプライバシーが提供されます。内装はベルベットの壁や鮮やかなソファ、鏡張りなどレトロでスタジオ54風のデザインが施され、遊び心のある雰囲気を醸し出しています。

エンターテイメントも充実しており、ライブ音楽やDJパフォーマンス、木曜日のハウスバンドなどが常に用意されています。さらにトークショーや展覧会など、文化的な体験イベントも開催されます。会員は仕事帰りのカクテルから深夜の軽食まで、幅広い時間帯でクラブを楽しめます。

一方で、アップステアーズ・アット・ランガンズへの入店は容易ではありません。入会金や年会費は無料ですが、コネクションや「招待制」の推薦プロセスが必要とされます。また、スマートカジュアルなドレスコード(男性はジャケット着用)も求められます。

会員層はロンドンのエリートや著名人が中心で、そうした人脈を求めていない場合は別のクラブを選ぶ方が適しているかもしれません。

つまり、アップステアーズ・アット・ランガンズは、排他性と活気に満ちた独特の雰囲気、伝統と現代性の融合した魅力を持つ一方で、入店の難易度が高く、特定の会員層に向けられたクラブであると言えます。入会を検討する際は、そうした点を踏まえた上で、自身の求める体験に合致するかどうかを判断する必要があります。

Apollo’s Muse

アポロズミューズは、ロンドン・メイフェアに位置する極めて排他的で高級な会員制クラブです。わずか500名の限定会員枠と、超富裕層、王族、セレブリティを魅了する魅力から、まさに一流の証と言えるでしょう。

最大の魅力は、その希少価値と名声にあります。ロンドンで最もプライベートな会員制クラブとして知られ、バルマンのディナーやマシン・ガン・ケリーのようなスターを招いてのパーティなど、大きなイベントも開催することで瞬く間に一流の評判を確立しました。厳選されたメンバーシップは、ステータスそのものです。

空間とサービスの質の高さも際立っています。内装は床から天井まで大理石で、紀元後1~2世紀の貴重な古代美術品や彫刻が展示され、歴史と芸術が融合しています。鏡張りのテーブルやムラノガラス、ゴールドのアクセントなど、ラグジュアリーなデザイン要素に溢れています。

ドリンクメニューも充実しており、希少ワインやカクテル、高級バースナックが用意されています。さらにプライベートコンシェルジュサービスや、ワインディナーやライブパフォーマンスなど、活気あるイベントカレンダーも魅力です。

一方で、年会費5,000ポンド、入会金1,750ポンドと極めて高額な費用がかかります。さらに飲食代なども別途必要となります。

つまり、アポロズミューズは芸術、歴史、豪華さに彩られた究極の社交場ですが、その魅力を手に入れるには相当の経済的余裕が求められます。入会を検討する際は、経済状況に加え、希少な社交界への憧れ、芸術・文化への情熱、上質なライフスタイルへのこだわりなどを総合的に判断する必要があります。

アポロズミューズは、名声、富、洗練を追求する者にとって最高のステータスシンボルとなり得ますが、その扉を開けるかどうかはあなた次第です。

AllBright Mayfair

オールブライト・メイフェアは、ロンドン初の女性専用プライベート会員制クラブとして知られる名門クラブです。メイフェア地区の5階建てタウンハウスに位置し、野心的なキャリア女性が交流し合える排他的な空間を提供することを目的としています。

最大の魅力は、その排他性とプレステージにあります。エンターテイメント、ビジネス、政治、貴族など様々な分野から著名人が集まり、入会することはステータスシンボルとなります。女性同士のネットワーキングとキャリアアップの場として非常に魅力的です。

アメニティも充実しており、レストラン、バー、テラス、ワークスペース、イベントスペース、ヘアサロンなどが揃っています。年間200以上のコースや340以上のイベント、ワークショップが開催され、プロフェッショナル育成やネットワーキングのプログラムが用意されています。さらにデジタルプラットフォームへのアクセスやメンターシップ、世界各地のパートナークラブ利用など、様々な特典があります。

一方で、年会費は正会員で1,650ポンドから、入会金も300ポンド前後と高額です。さらに飲食代やイベント費用、サロン代なども別途かかります。

つまり、オールブライト・メイフェアはキャリア志向の女性にとって魅力的な存在ですが、その充実したサービスと排他性、プレステージの代償として高額な会費が課されます。入会を検討する際は、経済的な余裕に加え、キャリアアップへの意欲、女性ネットワークへの期待値、アメニティへの価値観などを総合的に判断する必要があります。

富と名声、キャリアアップを追求する女性にとっては、オールブライト・メイフェアは究極のステータスシンボルとなり得るでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FIGUR(@figur_co)がシェアした投稿

まとめ

これらのクラブは、いずれも歴史や伝統のある名門クラブであり、入会は非常に厳しいものです。しかし、入会に成功すれば、社会的に成功を収めた人々や著名人との交流、ビジネスチャンスの獲得、人脈形成、文化活動への参加など、様々なメリットを得ることができます。

メイフェアのプライベート会員制クラブに入会することは、人生を豊かにするための投資と言えるでしょう。もちろん、高額な入会金と年会費を支払う必要がありますし、入会審査も厳しいので、誰にとっても最適な選択肢であるとは限りません。

しかし、もしあなたが社会的に成功を収めたい、人脈を広げたい、文化活動に参加したい、あるいは単に特別な空間で特別な時間を過ごしたいと考えているのであれば、メイフェアのプライベート会員制クラブを検討してみる価値は十分にあると言えます。

今回紹介したクラブはほんの一例であり、まだまだ多くの魅力的なクラブが存在します。ぜひ色々調べて、あなたにとって最適なクラブを見つけてください。



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ロンドンの観光名所トップ20
トップ20観光名所でロンドンの魅力に触れる 活気あふれるイギリスの首都ロンドンは、象徴的なランドマークからワールドクラスの博物館や文化体験まで、驚くほど多くの観光スポットがある街です。初めてロンドンを訪れる方にも、旅慣れた方にも、幅広い趣味や嗜好に応えられる多彩な観光スポットが揃っています。 バッキンガム宮殿や歴史的なロンドン塔の壮麗さから、ロンドン・アイやテート・モダンの近代的な驚異まで、ロンドンのトップアトラクションは、新旧が融合した魅惑的な雰囲気を醸し出しています。古代文明の芸術品を集めた大英博物館は、人類史の豊かなタペストリーを紐解くのに欠かせないスポットです。   この投稿をInstagramで見る   Emma ...
サンベリー・アンティーク・マーケット / Sunbury Antiques Market
南イングランドで最大のフリーマーケット ケンプトン・パーク競馬場で開催されるフリーマーケットです。ヨーロッパのプレミアアンティークマーケットの一つとして認識されています。 [editorial-rating ...
アダムス・アンティーク・フェア / Adams Antiques Fairs
イギリスで権威あるフェアのひとつ 1970年代に始まったロンドンで最も長い歴史を持つ日曜アンティーク・フェアです。ヨーロッパとイギリス全土から業者が集まります。 [editorial-rating ...
ポートベロー・マーケット / Portobello Road Market
ロンドンで最も賑わう観光スポット ロンドンでも最大級のフリーマーケット。アンティークから生鮮食品まで、1000軒以上の店が軒を連ねています。ロンドンで最も古いマーケットのひとつで、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが主演した1999年の映画「ノッティングヒル」の舞台にもなりました。 [editorial-rating ...
ノースコート・ロード・アンティーク・マーケット
ロンドンで見逃せないアンティーク・マーケット クラシックな家具、オリジナルの版画や水彩画、ヴィンテージ・ジュエリー、ヴィクトリア朝の食器などあらゆる時代のアンティークやレトロな品々が所狭しと並びます。地元の人々の生活を感じたい人にピッタリの場所です。 [editorial-rating ...