Your Cart

マルバーンの蚤の市 / Malvern Flea & Collectors Fair

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ウスターシャー州最大のワンデーフェア

マルバーンの蚤の市は、年に9回開催されるイギリス最大のフリーマーケットです。250の露店が家具や家の収集品まで、様々な商品を販売しています。

7.4 TOTAL SCORE

マルバーンの蚤の市

インスタグラム

インテリア・デザイナー、アップサイクラー、クラフト作家、古着探しにはうってつけのイベントです。アンティークのお宝から家の整理に必要な掘り出し物まで、一日限りのフェアは決して期待を裏切りません。


出店数 4
満足度 10
滞在時間 6
お宝発見度 8
リピート率 9
良い点
  • 最大300社が出展
  • 駐車場無料
  • 会場内にATM設置
注意点
  • 天候により出展者数は変動

 

バイヤーは、アンティーク、ヴィンテージ、レトロ、サルベージ、家財整理、アップサイクル作品など、様々なものを手に入れることができます。中古品マニアにとっては、まさに宝の山です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

今までのフェアでは、飛行機のジェットエンジンや見世物小屋の乗り物、さらにはヴァルド(ロマ人の馬車)までありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

見落としがないように、ほぼすべてのブースに目を配る必要があります。入場料は一人5ポンド。早めの来場をお勧めします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

一般的なアンティーク・フェアよりもずっとくつろいだ雰囲気は、このフェアが田園地帯にあるからかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

雑多でごちゃごちゃしているにもかかわらず、カササギのような目をした来場者が何度も足を運ぶのは、小物から高級アンティークまでが勢揃いしているためです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

手作りのパイやケーキ、ジャムに混じって、古い教会のドアやドールトンを手に入れることができるのは、他にはないでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

B2B Events(@b2beventsfairs)がシェアした投稿

この地域に行くなら訪れる価値があります。唯一の欠点は、このフェアの大部分が屋外であるため、天気が悪い場合です。珍しいものをお探しなら、ぜひ足を運んでみてください。

マルバーンの蚤の市のYoutube動画

基本情報

名前 マルバーンの蚤の市 / Malvern Flea & Collectors Fair
開催日 Sunday 23 July 2023
Monday 28 August 2023 (Bank Holiday)
Sunday 17 September 2023
Sunday 15 October 2023
Sunday 5 November 2023
時間  7:30 a.m. – 3:30 p.m.
入場料 £5(16歳未満は無料)
取り扱い商品 ビンテージ・ファッション、陶磁器、ジュエリー、ガラス製品、玩具、ガーデングッズ、写真、カントリーハウス家具、アクセサリー
住所 Three Counties Showground Malvern, Worcestershire WR13 6NW UK
詳細 公式ホームページ

地図

マルバーン・ヒルズのふもと、スリー・カウンティーズ・ショーグラウンドで開催されます。



関連記事

ビンテージヘブン / Vintage Heaven
家族経営のビンテージ・ショップ ロンドン東部のベスナル・グリーン、コロンビア・ロードにある小さな宝石箱のような店です。キッチンのアクセサリー、ビンテージの陶器や食器、ファブリックなどを買うならここです。アフタヌーン・ティーを楽しむ人たちにおすすめのお店です。 NHKで放送されている『世界はほしいモノにあふれてる』旅するバイヤー ...
ランウェイ・マンデー / Runway Monday
毎年6回開催されるイベントで、イギリス、アイルランド、そして北欧の近隣諸国から600以上の業者が集まり、一日限りのマーケットを開催します。 [editorial-rating ...
グレート・ウェザビー競馬場アンティーク&コレクターズフェア
ヨークからほど近いグレート・ウェザビー競馬場のアンティーク・フェアは、出店者や客層、そして販売品目において、周辺地域とのつながりを感じさせるイベントです。 [editorial-rating ...
サンベリー・アンティーク・マーケット / Sunbury Antiques Market
南イングランドで最大のフリーマーケット ケンプトン・パーク競馬場で開催されるフリーマーケットです。ヨーロッパのプレミアアンティークマーケットの一つとして認識されています。 [editorial-rating ...
ポートベロー・マーケット / Portobello Road Market
ロンドンで最も賑わう観光スポット ロンドンでも最大級のフリーマーケット。アンティークから生鮮食品まで、1000軒以上の店が軒を連ねています。ロンドンで最も古いマーケットのひとつで、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが主演した1999年の映画「ノッティングヒル」の舞台にもなりました。 [editorial-rating ...
アーサー・スワロー・アンティークス&ホームショー / Arthur Swallow Antiques & Home Show
イギリスのリンカーンシャーで開催されるフリーマーケット。リンカーンシャー州のリンカーンに、まるで村のようにたくさんの露店が並び、世界中から業者が集まり、その品揃えの多様さは他に類を見ないほどです。 [editorial-rating ...
ロンドン・ナショナル・ギャラリー -The National Gallery, London
 ロンドンで最も有名な美術館の1つです。市民による市民のための美術館として1824年にロンドンで開館されました。中世から印象派までの絵画コレクションは圧巻で、所蔵されている作品の価値は、パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵します。 フェルメールの作品は2点あります。レオナルドダヴィンチ、レンブラント、エルグレコ、ゴッホ、ルノワールの名画など同じ作家でも年代ごとに作風の変化が楽しめ、美術史がよくわかる配置になっています。長椅子もたくさん置いてあるので、気に入った絵画の前でスケッチをしたり、作品やアーティストの詳細を調べたりしながら、ゆっくり鑑賞できます。 コレクションの基礎となったのは、ロイズ保険組合の発展に寄与したロシアの銀行家ジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画。その後、何世紀にもわたって収集した2300点の名作を展示しています。これらが無料で見れるのは圧巻です。 大英博物館ほど混んでいません。館内は広いので急ぎ足で回っても3時間はかかります。数日足を運んでゆっくり見て下さい。 カフェも落ち着いていてアフタヌーンティーを楽しめます。絵画の撮影も自由です。宗教画が多いですが、芸術や美術史が好きなら、インスピレーションを得るために一見の価値がある美術館です。 見どころ ・ゴッホの「ひまわり」   この投稿をInstagramで見る   SunYu(@wangsunyu)がシェアした投稿 ・フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」   この投稿をInstagramで見る   Duncan ...