No review found!

Your Cart

ジャイアント・シェプトン・フリーマーケット / Giant Shepton Flea Market

No review found!

エイボン、ウィルトシャー、ドーセットの国境近くに位置するフリーマーケット。もしあなたが、アンティークではなく、日常的なビンテージアイテムが好きなら、ぴったりでしょう。

 

年に6~7回、ロイヤルバスアンドウェストショーグランドで開催されるこのフリーマーケットは、老若男女が楽しめる多彩で活気のあるイベントで、ビンテージ品を調達するのにとても良い場所です。

2001年以来、屋内外に250以上のベンダーが出店。 南西部だけでなく、海外からも4,000人を超える来場者が訪れます。その多くは街角では見かけないような品々を販売しています。

あらゆる種類のヴィンテージに焦点が当てられています。1960年代と1970年代の西ドイツの陶磁器、広告アイテム、サングラスやハンドバッグ、リネン、キルト、キッチン用品、プラスチック、ランプ、おもちゃ、コスチュームジュエリー、裁縫道具、ティーポットや食器などです。

一方、伝統的なコレクションを好む方にも、磁器、銀、クリスタル、絵画、ミリタリーなど、興味深いものがたくさんあります。

また、ランチやカフェ、フードコートなどの飲食店や、現金の引き出しが可能な銀行も併設されており、家族で楽しめる施設となっています。

ジャイアント・シェプトン・フリーマーケットのYoutube動画

基本情報

名前 ジャイアント・シェプトン・フリーマーケット / The Giant Shepton Flea Market
開催日 2023
August 13th
October 8th
December 10th
時間 9:30am – 4:00pm
入場料 £5(同伴のお子様は無料)
取り扱い商品 CD、カード、お菓子、洋服、本、アンティーク、宝石、ミリタリー、装飾品、家具
住所 The Royal Bath & West Showground, Shepton Mallet, Somerset BA4 6QN,UK
詳細 公式ホームページ

地図

ロンドンから車で2時間半。



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

【必見】ロンドン・ナショナル・ギャラリーで絶対見るべき7つの名画
ロンドン・ナショナル・ギャラリーでたどる西洋美術の軌跡 ロンドンで最も有名な美術館の1つです。市民による市民のための美術館として1824年にロンドンで開館されました。中世から印象派までの絵画コレクションは圧巻で、所蔵されている作品の価値は、パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵します。 フェルメールの作品は2点あります。レオナルドダヴィンチ、レンブラント、エルグレコ、ゴッホ、ルノワールの名画など同じ作家でも年代ごとに作風の変化が楽しめ、美術史がよくわかる配置になっています。長椅子もたくさん置いてあるので、気に入った絵画の前でスケッチをしたり、作品やアーティストの詳細を調べたりしながら、ゆっくり鑑賞できます。 コレクションの基礎となったのは、ロイズ保険組合の発展に寄与したロシアの銀行家ジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画。その後、何世紀にもわたって収集した2300点の名作を展示しています。これらが無料で見れるのは圧巻です。 大英博物館ほど混んでいません。館内は広いので急ぎ足で回っても3時間はかかります。数日足を運んでゆっくり見て下さい。 カフェも落ち着いていてアフタヌーンティーを楽しめます。絵画の撮影も自由です。宗教画が多いですが、芸術や美術史が好きなら、インスピレーションを得るために一見の価値がある美術館です。 見どころ ゴッホの「ひまわり」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵のフィンセント・ファン・ゴッホの「ひまわり」は、世界で最も有名な絵画作品の一つとして、多くの来館者を魅了し続けています。この作品の人気は、その歴史的・芸術的意義、感情と象徴の共鳴、文化的アイコンとしての地位、ゴッホの生涯への憧憬、そして世間と批評家からの称賛という、いくつかの重要な要素が複合的に作用しています。 「ひまわり」は1888年にゴッホがアルルで創作活動の絶頂期に描かれた連作の一部で、鮮やかな黄色と厚塗りの絵具を用いた大胆な表現が特徴です。この作品は、当時の画壇に衝撃を与え、近代美術の発展に大きく貢献しました。ゴッホの芸術家としてのキャリアを象徴する重要な作品であり、その芸術的価値は計り知れません。 また、燃えるような黄色のひまわりは生命力や情熱を象徴しており、ゴッホの内面にある苦悩や葛藤を力強い花々に投影しています。この強い感情表現は多くの人の共感を呼び、普遍的な魅力を生み出しています。 「ひまわり」はポストカードやポスターなど様々な商品に描かれ、広く知られています。そのイメージはゴッホ自身と密接に結びつき、文化的なアイコンとしての地位を確立しています。ゴッホは生前に十分な評価を得られず、苦悩に満ちた生涯を送りましたが、その死後、彼の作品は再評価され、世界中で愛されるようになりました。「ひまわり」はゴッホの悲劇的な人生とその後の名声に対する人々の憧憬を呼び起こす作品としても人気を博しています。 1924年にナショナル・ギャラリーのコレクションに加わって以来、「ひまわり」は常に多くの観客を集め、批評家からも高い評価を得ています。ナショナル・ギャラリーを代表する作品の一つとなっており、その魅力は時代を超えて多くの人々に訴えかけ、今日もなお多くの人々を魅了し続けています。 このように、ナショナル・ギャラリー所蔵のゴッホの「ひまわり」は、その美的・歴史的価値だけでなく、深い感動と文化的意義を持つ、まさに名画と言えるでしょう。ゴッホの情熱と苦悩が込められたこの作品は、見る者に様々な解釈を想起させ、いつまでも色褪せることのない魅力を放ち続けています。   この投稿をInstagramで見る   SunYu(@wangsunyu)がシェアした投稿 フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」 ヨハネス・フェルメール作「ヴァージナルの前に立つ女」は、その卓越した技巧、絵画に込められた深い意味、そして謎めいた雰囲気で、美術愛好家だけでなく一般の人々にも広く人気を博しています。 フェルメールは「光と影の魔術師」として知られ、この作品では窓から差し込む柔らかな光が女性のドレスや髪を照らし出し、壁に描かれた風景画を鮮やかに浮かび上がらせています。この繊細な光と影の表現は、見る者を魅了し、宝石のような質感と色彩を生み出しています。 絵画には愛と貞節のテーマが込められており、乙女座が純潔と貞節を象徴する星座であることから、女性が手に持つ天秤は正義や公平さを表しています。また、背景の壁にはキューピッドが描かれた絵画が飾られており、恋愛や結婚といったテーマを暗示しています。 女性の表情は微笑みを浮かべているようにも見えますが、どこか物憂げで、その真意は見る人の想像に委ねられています。これが、彼女の感じている恋愛の喜びや未来への不安など、さまざまな解釈を可能にしています。 フェルメールの生涯は謎に満ちており、生前には十分な評価を得られずに無名の画家として生涯を終えましたが、死後200年以上経ってから再評価され、世界中で愛されるようになりました。「ヴァージナルの前に立つ女」も長い間謎に包まれており、誰がモデルなのか、なぜこのような構図なのかといった疑問が投げかけられています。これらの謎は絵画に更なる魅力を与え、見る者の興味を惹きつけています。 この作品はその美しさ、深み、そして謎めいた雰囲気によって、時代を超えて多くの人々を魅了し続けています。ナショナル・ギャラリーを訪れた際には、この名画をじっくりと鑑賞し、フェルメールの芸術世界に浸ることをお勧めします。   この投稿をInstagramで見る   Duncan ...
ポートベロー・マーケット / Portobello Road Market
ロンドンで最も賑わう観光スポット ロンドンでも最大級のフリーマーケット。アンティークから生鮮食品まで、1000軒以上の店が軒を連ねています。ロンドンで最も古いマーケットのひとつで、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが主演した1999年の映画「ノッティングヒル」の舞台にもなりました。 [editorial-rating ...
ニューアーク・アンティーク・フェア / Newark Antiques Fair
イギリスのノッティンガムシャー州ニューアークで、年に6回開催されるヨーロッパ最大級のアンティークフェア。1回の開催で2500を超える出店があります。 [editorial-rating ...
ノースコート・ロード・アンティーク・マーケット
ロンドンで見逃せないアンティーク・マーケット クラシックな家具、オリジナルの版画や水彩画、ヴィンテージ・ジュエリー、ヴィクトリア朝の食器などあらゆる時代のアンティークやレトロな品々が所狭しと並びます。地元の人々の生活を感じたい人にピッタリの場所です。 [editorial-rating ...
クロムフォード・ミルズ・アンティークフェア / Cromford Mills Antiques Fair
BBCのアンティーク・ロード・トリップでも紹介 地元のメーカー、職人、生産者を紹介する素晴らしいアーティザン・マーケット。質の高いアンティーク、遺品、ヴィンテージ・コレクタブルを探している人には必見の場所です。 [editorial-rating ...