Your Cart

ロンドンの観光名所トップ20

ロンドンの観光名所

トップ20観光名所でロンドンの魅力に触れる

活気あふれるイギリスの首都ロンドンは、象徴的なランドマークからワールドクラスの博物館や文化体験まで、驚くほど多くの観光スポットがある街です。初めてロンドンを訪れる方にも、旅慣れた方にも、幅広い趣味や嗜好に応えられる多彩な観光スポットが揃っています。

バッキンガム宮殿や歴史的なロンドン塔の壮麗さから、ロンドン・アイやテート・モダンの近代的な驚異まで、ロンドンのトップアトラクションは、新旧が融合した魅惑的な雰囲気を醸し出しています。古代文明の芸術品を集めた大英博物館は、人類史の豊かなタペストリーを紐解くのに欠かせないスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emma Riddle(@ddle__24)がシェアした投稿

ウェストミンスター寺院、セント・ポール大聖堂、トラファルガー広場など、この街を象徴するランドマークは、この国の建築・文化遺産を紹介するだけでなく、数え切れないほどの思い出に残る体験の背景にもなっています。コヴェント・ガーデンの賑やかな雰囲気に浸ったり、マダム・タッソー蝋人形館で世界的に有名な蝋人形を見学したり、ハイド・パークで美しい自然を満喫したり。

有名なアトラクションだけでなく、ロンドンには多様な興味に応える隠れた名所やあまり知られていない逸品も豊富にある。テート・モダンの最先端の展示からボロー・マーケットの活気あるエネルギーまで、このダイナミックな街には常に新しい発見があります。

歴史、芸術、建築に興味がある人も、単に世界で最も象徴的な都市の1つであるロンドンの独特の雰囲気に浸りたい人も、ロンドンのトップアトラクションは、忘れられない思い出を作り、この素晴らしい目的地をより深く理解するまたとない機会を提供してくれる。さあ、荷物をまとめて、一歩一歩進むごとにこの大都市の新たな一面が見えてくるロンドンの魅力を探検する準備をしよう。

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿は、英国王室の権威と伝統が息づく象徴的存在として、ロンドンを訪れる観光客から絶大な人気を誇っています。この宮殿が人々を惹きつける理由を探っていきましょう。

まず何よりも、現在のエリザベス女王をはじめ、英国王室の公邸であるという特別な位置付けが挙げられます。1703年に建てられたこの宮殿は、何世紀にもわたり王室の居住空間として使われ、英国の歴史に深く関わってきました。王室の息吹を感じられる場所として、多くの観光客が訪れています。

さらに、毎日行われる「衛兵交代式」は宮殿の最大の見所です。赤い制服とクマの毛皮の帽子を身に付けた近衛兵が、行進と演奏に合わせて綿密な動作を披露する様子は、まさに王室の伝統の象徴です。多くの人々がこの壮麗な儀式を目にするため、宮殿を訪れます。

内部に目を向けても、豪華絢爛なステートルームが観光客を魅了します。775室もの広大な空間には、19の公室が含まれ、芸術品や家具、装飾品が所狭しと並んでいます。夏季には一般公開も行われ、王室の豪勢な生活ぶりを垣間見ることができます。

宮殿の敷地内には、他にも見どころが目白押しです。ロイヤル・ミューズでは王室の馬車や乗馬用の馬を見学でき、クイーンズ・ギャラリーでは王室の所蔵品が展示されています。王室の文化に触れられる絶好の機会となっています。

バッキンガム宮殿は、ロンドン観光のハイライトとして知られています。その威風堂々たる佇まいと、深く根付いた王室の伝統が、世界中から人々を惹きつけているのです。英国の歴史と文化に触れたい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。王室の息吹に包まれながら、英国の永続的な遺産を体感できるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wayne Qin(@wayne8882u)がシェアした投稿

大英博物館

大英博物館は、世界有数の博物館コレクションと歴史的価値を無料で堪能できることから、ロンドンを訪れる観光客から絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、800万点を超える膨大で多様なコレクションが最大の引き力です。古代エジプトからアメリカ大陸に至るまで、世界各地の文化や文明から収集された貴重な資料が所狭しと並んでいます。人類の歴史の縦断的な理解を深められる絶好の機会となっています。

さらに、ロゼッタ・ストーンやエルギン・マーブルズ、ミイラ、アッシリア浮き彫りなど、教科書で見たことのある世界的に有名な名品の数々が展示されているのも魅力です。実物に触れられる臨場感は、観光客の期待に十分に応えられるはずです。

大英博物館は単なる展示施設にとどまらず、充実した教育プログラムでも定評があります。子供向けのワークショップから大人向けの講演会まで、幅広い層をカバーしています。家族連れから知的好奇心の強い人まで、誰もが新しい発見があるでしょう。

建物自体も見所の一つで、スマーク卿による新古典主義の建築様式は壮麗です。特に中庭のガラス張りの屋根は、開放的で美しいデザインとなっています。

常設展以外にも、多彩な企画展が年間を通して開催されます。テーマ性のある展示は、リピーターにも新鮮な驚きを与えてくれます。

そして何よりも、常設展が無料で観覧できるのが最大の魅力です。世界最高峰の博物館を自由に楽しめるのは、計り知れない価値があります。

立地も抜群で、ロンドンの中心部に位置し、地下鉄の駅からも近く、アクセスに優れています。他の観光スポットとの効率的な行き来も可能です。

このように大英博物館は、質量ともに世界最高峰のコレクション、教育的価値、建築美、企画展の充実、無料観覧、立地の良さなど、あらゆる面で観光客の期待に応えられる人気スポットなのです。ロンドン旅行のハイライトとして、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angus(@illumination.0412)がシェアした投稿

ロンドン塔

ロンドン塔は、歴史と伝統、そして陰惨な過去が渦巻く、まさに象徴的な観光名所です。この城塞が人々を惹きつける理由を見ていきましょう。

まず何よりも、11世紀の建設以来、英国の歴史に深く関わってきた由緒あるスポットであることが挙げられます。王宮、要塞、監獄、武器庫、動物園など、多様な役割を果たしてきた経緯から、ロンドン塔には重厚な歴史の重みが漂っています。

さらに、ビーフィーター(衛兵)による館内ツアーが人気の一因となっています。独特の衣装に身を包んだビーフィーターが、ユーモアを交えながら城塞の歴史や逸話を語り聞かせてくれます。専門家の生解説は、単なる見学とは違う深い理解を生み出します。

最大の見所は、やはり王室の宝物であるクラウン・ジュエルズ(王冠など)でしょう。英国王室の権威と権力を象徴するこの至宝に、世界中から人々が注目しています。

建築物自体も見所の一つです。特に中世の城塞建築を色濃く残すホワイト・タワーは、ノルマン建築の粋を集めた傑作として知られています。

一方で、ロンドン塔には陰惨な過去も残されています。アン・ブーリンやガイ・フォークスなど、多くの著名人が投獄され、処刑されたことから、「血塗られた歴史」の象徴とも言えます。この陰謀と裏切りの物語は、城塞に神秘的な雰囲気を醸し出しています。

さらに、700年以上の歴史を持つ「鍵の儀式」など、伝統的な行事も見逃せません。英国の伝統文化に触れられる貴重な機会となっています。

このようにロンドン塔は、歴史的価値、ビーフィーターによる解説、王室の宝物、建築物の雄姿、陰惨な過去など、様々な要素が見事に融合した観光スポットなのです。ロンドンの歴史と文化を体感したい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver(@oli.jmeno.me)がシェアした投稿

ロンドン・アイ

ロンドン・アイは、その圧倒的な存在感と絶景の展望台としての魅力から、ロンドンを訪れる観光客に絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、高さ135mから眺めるロンドンの景観が最大の魅力です。ゆっくりと回転するカプセルから、国会議事堂、ビッグベン、バッキンガム宮殿、セントポール大聖堂など、ロンドンの著名な観光スポットを360度のパノラマビューで一望できます。天候に恵まれれば、遠くウィンザー城まで見渡せるとか。まさに絶景の展望台と言えるでしょう。

さらに、ロンドン・アイは体験そのものがユニークです。1周約30分の緩やかな回転は、急がずにロンドンの景色を心ゆくまで堪能できる、ゆったりとした時間を提供してくれます。カプセル内は広々とした空間とエアコン完備で、快適な空間が確保されています。

家族連れでも安心して楽しめるのも大きな魅力です。1カプセルに最大28名が乗車でき、ベビーカーも持ち込み可能です。子供向けのイベントも開催されるなど、子連れ旅行客にも配慮されています。

立地も抜群で、テムズ川沿いの文化・エンターテイメント地区に位置しています。地下鉄やバスなどの公共交通機関へのアクセスも良く、他の観光スポットとの行き来も便利です。

夜間の運行も人気で、ロンドンの夜景をライトアップされた街並みと共に楽しめます。カップルにとってはロマンチックな体験となるでしょう。

加えて、バリアフリー設計となっており、障がいを持つ人でも気兼ねなく乗車できるのも魅力的です。

このようにロンドン・アイは、パノラマビュー、ユニークな体験、家族向け設備、立地の良さ、ナイトビュー、バリアフリーなど、あらゆる面で観光客の期待に応えられる人気スポットなのです。ロンドン旅行のハイライトとして、ぜひ体験していただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rachel Allen(@rachel_allen_15)がシェアした投稿

自然史博物館

ロンドン自然史博物館は、圧倒的な展示品と教育的価値、そして無料で楽しめるメリットから、観光客に絶大な人気を誇る施設です。

まず何よりも、8000万点を超える膨大なコレクションが最大の見所です。全長26mのディプロドクスの骨格標本をはじめ、巨大なシロナガスクジラの模型、貴重な鉱物標本など、圧倒的なスケールの展示品が目を奪います。

さらに、インタラクティブな展示や体験型プログラムを通して、自然界や進化の過程などを楽しみながら学ぶことができます。子供向けのワークショップも充実しており、家族連れで訪れる人も多いでしょう。

建物自体も見所の一つで、テラコッタの華麗な外観と、大聖堂のようなヒンツェ・ホールは、ビクトリア朝の気品ある建築美を体現しています。

常設展以外にも、野生動物写真展や古代文明展、最新科学展など、多彩な企画展が年間を通して開催されます。リピーターにも新鮮な驚きを与えてくれます。

立地も抜群で、ロンドンの中心部に位置し、地下鉄やバスでのアクセスも便利です。科学博物館やV&A博物館からも徒歩圏内と、他の観光スポットとの行き来も容易です。

そして何より、常設展が無料で観覧できるのが最大の魅力です。世界最高峰の博物館を自由に楽しめるのは計り知れない価値があります。

このように自然史博物館は、圧倒的な展示品、教育的価値、建築美、企画展の充実、立地の良さ、無料観覧など、あらゆる面で観光客の期待に応えられる人気スポットなのです。自然の驚異と進化の過程に触れ、新たな発見を得られる場所として、ロンドン旅行のハイライトに相応しい施設と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack Garcia(@jackgarcia80)がシェアした投稿

ナショナル・ギャラリー

ナショナル・ギャラリーは、世界最高峰の西洋美術コレクションと無料で鑑賞できるメリットから、ロンドンを訪れる観光客に絶大な人気を誇る美術館です。

まず何よりも、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ゴッホ、レンブラントなど、錚々たる巨匠の代表作が所狭しと並ぶ、圧倒的なコレクションが最大の見所です。「ひまわり」「岩窟の聖母」など、教科書でおなじみの名画に実物で立ち会えるのは、言うまでもない醍醐味です。

さらに、作品理解を深めるための様々な試みも魅力的です。ガイドツアーやオーディオガイド、解説展示を通じて、作品の背景や意義、作者の人となりまでを知ることができます。美術に詳しくなくとも、十分に鑑賞を楽しめるでしょう。

建物自体も見所の一つで、ウィリアム・ウィルキンズ設計の新古典主義様式は壮麗です。ドーム型の天井、広々とした内部は、作品の迫力を一層引き立てています。

加えて、常設展が無料で観覧できるのが最大の魅力です。世界最高峰の美術館を自由に楽しめるのは、計り知れない価値があります。

一方で、年間を通して様々な企画展も開催されます。特定の作家や美術運動、テーマに焦点を当てた展示は、常設展とはまた違った刺激を与えてくれるはずです。

立地も抜群で、トラファルガー広場に位置し、地下鉄やバスでのアクセスも便利です。国会議事堂や観覧車など、他の人気スポットへの行き来も容易です。

このようにナショナル・ギャラリーは、世界最高峰の作品群、作品理解の機会、建築美、無料観覧、立地の良さなど、あらゆる面で観光客の期待に応えられる美術館なのです。ロンドン旅行のハイライトとして、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

マダム・タッソー蝋人形館

マダム・タッソー蝋人形館は、リアルな等身大フィギュアと体験型アトラクションが融合した、エンターテイメント性に富んだ観光スポットとして、ロンドンを訪れる人々から絶大な人気を集めています。

まず何よりも、セレブリティや歴史上の人物、人気キャラクターなどの精巧な蝋人形が最大の見所です。まるで実物と対面しているかのような造形は、思わず記念撮影を促します。お気に入りの人物と一緒に写真を撮ったり、ユニークな体験ができるのが人気の理由です。

さらに、マーベルヒーロー4D体験やホラー体験など、五感を刺激する没入型アトラクションも魅力的です。映像や振動、音響効果で、まるで別世界に入り込んだかのような臨場感が味わえます。子供から大人まで、年齢を問わず楽しめる体験が用意されています。

一方で、18世紀後半のフランス革命時代に創設された蝋人形館には、長い歴史と伝統があります。マリー・タッソーが手がけた初期の作品から、最新のエンターテインメント性を取り入れた現代の展示まで、時代を超えた魅力が詰まっています。

展示品も常に更新されており、リピーターでも新鮮な驚きを得られるのが人気の秘密です。最新の時事ネタを取り入れたフィギュアや、人気映画キャラクターなど、常に新しい発見があります。

家族連れでも楽しめるのも大きな魅力です。子供は等身大フィギュアに夢中になり、大人は細部の作り込みを鑑賞できます。世代を超えて楽しめる空間となっています。

立地も抜群で、ロンドン中心部に位置し、地下鉄やバスでのアクセスも便利です。観光の合間に気軽く立ち寄れるのが魅力です。

そして何より、SNS映えする記念写真が撮影できるのが最大の魅力かもしれません。お気に入りのフィギュアとの自由な写真撮影が可能です。

このようにマダム・タッソー蝋人形館は、リアルな等身大フィギュア、体験型アトラクション、歴史と伝統、常に新しい展示、家族向け設備、立地の良さ、記念写真スポットなど、あらゆる要素が詰まった人気スポットなのです。ロンドン旅行のハイライトとして、ぜひ体験していただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wicia(@wiciiia)がシェアした投稿

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院は、王室との深い繋がり、歴史的価値、建築の壮麗さから、ロンドンを代表する人気観光スポットとなっています。

まず何よりも、1066年以降、英国王室の戴冠式が行われてきた由緒ある場所です。戴冠の椅子「スコーンの石」は王権の象徴として崇められています。エリザベス2世やウィリアム王子の婚礼もここで執り行われるなど、王室との深い繋がりが感じられます。

さらに、歴史的価値も抜群です。中世から近代に至るまで、英国を代表する著名人の多くが埋葬されています。アイザック・ニュートン、チャールズ・ディケンズ、未詳の戦士の墓など、英国の歩みを物語る場所と言えます。

建築物自体も見所の一つで、13世紀から16世紀にかけて建造されたゴシック様式は壮麗です。75mの尖塔や精緻な石彫、美しいステンドグラスなど、中世の技術の粋が集められています。

特に内部の身廊や聖歌隊席、貴婦人礼拝堂は圧巻の美しさです。開口部から射し込む光と、石造りの装飾が相まって、まるで空中に浮かぶかのような神々しい雰囲気を醸し出しています。

一方で、サウス翼の「詩人の隅」には、チョーサー、シェイクスピア、ディケンズなど、文学の巨匠たちの墓や記念碑が置かれています。文学愛好家の方には、まさに聖地と言えるスポットでしょう。

立地も抜群で、ウェストミンスター地下鉄駅からすぐ、国会議事堂やビッグベン、バッキンガム宮殿といった名所からも徒歩圏内と、観光の起点として最適です。

このようにウェストミンスター寺院は、王室との深い繋がり、歴史的人物の墓所、中世建築の粋を集めた荘厳な姿、文学の殿堂としての側面、立地の良さなど、あらゆる魅力が凝縮された場所なのです。ロンドン観光のハイライトとして、ぜひ足を運んでいただきたい名所です。

テート・モダン

テート・モダンは、モダンアートの殿堂としての価値と、無料で楽しめるメリット、さらには絶景の展望台など、多彩な魅力から、ロンドンを訪れる観光客に絶大な人気を誇る美術館です。

まず何よりも、かつての発電所をリノベーションした象徴的な建物が目を引きます。レンガ造りの堂々たるファサード、巨大なタービンホール、高く聳える煙突など、産業革命の名残を留めつつ、モダンなデザインと見事に融合した姿は、まさにランドマークと言えるでしょう。

内部に目を向けても、見所は尽きません。ピカソ、ダリ、ウォーホル、ハーストなど、20世紀から現代に至るまでの巨匠たちの代表作が所狭しと並びます。絵画から彫刻、写真、インスタレーションまで、約4万点ものコレクションは世界最高峰の質と量を誇ります。

さらに、定期的に開催される企画展も見逃せません。斬新なテーマと作品構成で、常に新鮮な驚きを与えてくれるはずです。

一方で、テート・モダンの最大の魅力は、常設展が無料で観覧できる点にあります。世界最高峰の美術館を自由に楽しめるのは、計り知れない価値があります。

作品の鑑賞だけでなく、館内での体験も抜群です。巨大なタービンホールを利用した大規模インスタレーションや、音響・照明効果を取り入れた作品など、五感を刺激する仕掛けが満載です。

さらに、テムズ川沿いに位置するテート・モダンからは、川と市街の絶景を一望できます。特に展望台からの眺めは最高で、ロンドンの名所を一望できる人気のスポットとなっています。

立地も抜群で、地下鉄の駅からも徒歩圏内、グローブ座やバラ市なども近接しているため、観光の起点としても便利です。

このようにテート・モダンは、モダンアートの最高峰の作品、革新的な企画展、五感で楽しめる体験型作品、無料観覧、絶景の展望台、立地の良さなど、あらゆる魅力が詰まった美術館なのです。ロンドン旅行のハイライトとして、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin MacDougall(@robinmacdougall.2017)がシェアした投稿

ハイドパーク

ハイド・パークは、広大な緑地と豊かな自然、レクリエーション施設、歴史的価値、イベント開催、立地の良さなど、様々な魅力が詰まったロンドンの代表的な公園として、観光客から絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、都会の中にあってこれほど広大な緑地が残されていることが最大の魅力です。芝生広場、木立、湖畔など、自然豊かな空間が広がり、まるで別世界に入り込んだかのような非日常を味わえます。散策やジョギング、サイクリングなど、アクティビティを楽しめるだけでなく、ピクニックを楽しんだり、読書に耽ったり、日光浴をするなど、自由にくつろげる場所としても重宝されています。

さらに、公園内にはサーペンタイン湖をはじめ、ダイアナ妃の記念噴水、スピーカーズ・コーナーなど、ロンドンの歴史を物語る名所が点在しています。特にスピーカーズ・コーナーは、何世紀も続く伝統的な演説の場として知られ、ロンドン文化に触れられる貴重なスポットです。

一方で、年間を通して様々なイベントやフェスティバルが開催されるのも大きな魅力です。ロック・コンサートから季節のお祭りまで、多彩なプログラムが用意されており、公園の賑わいを一層盛り上げています。

家族連れでも気兼ねなく訪れられるのも人気の理由です。広々とした芝生でピクニックを楽しんだり、湖でボート遊びをしたり、子供向けの遊具で遊んだりと、子供も大人も満足できる空間となっています。

立地も抜群で、バッキンガム宮殿や大英博物館、ウェストミンスター寺院など、主要な観光スポットへの行き来が非常に便利です。観光の合間に気軽く立ち寄れるのが魅力です。

このようにハイド・パークは、自然、レクリエーション、歴史、文化、イベント、家族向け設備、立地の良さなど、あらゆる要素が揃った理想的な公園なのです。ロンドンの自然と文化を同時に満喫できる場所として、多くの観光客から愛されているのがよくわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JD.Photogrart(@jd.photogrart)がシェアした投稿

セントポール大聖堂

セント・ポール大聖堂は、その建築的傑作、歴史的価値、宗教的意義、内部の荘厳さ、眺望の素晴らしさなどから、ロンドンを代表する観光名所として、多くの人々を惹きつけています。

まず目を引くのが、クリストファー・レン卿による英国バロック建築の傑作ともいうべき外観です。108mの高さを誇る巨大なドームは、ロンドンの街並みを見渡す丘の上から遥か遠くからでも望め、まさに市街の象徴的な存在です。

さらに、この大聖堂は英国の歴史に深く関わってきました。ウィンストン・チャーチル首相の国葬やチャールズ皇太子の結婚式など、数々の重要な式典が行われた舞台です。英国を象徴する建造物として、その価値は計り知れません。

内部に目を向けても、見所は尽きません。広大な身廊、精緻な石彫り、華やかなモザイク装飾など、あらゆる部分に職人の技が注ぎ込まれています。特に、ドーム天井の装飾画は神々しい雰囲気を醸し出し、訪れる者を圧倒するでしょう。

一方で、レン卿やネルソン提督、ウェリントン公爵など、英国を代表する著名人の墓所が点在するのも特徴です。彼らの人となりや功績に思いを馳せられる貴重な場所となっています。

さらに、ドームの頂上へと続く階段から、ロンドン市街の絶景が望めます。テムズ川やロンドン塔、大英博物館など、名所が360度の大パノラマで一望できる景色は、訪れる人々を魅了し続けています。

加えて、大聖堂では年間を通して様々なイベントが開催されます。オルガンコンサートやゴスペル演奏、講演会など、文化的な催しが多数用意されているのも魅力の一つです。

このように、セント・ポール大聖堂は建築美、歴史的価値、宗教的意義、内部の荘厳さ、眺望の素晴らしさ、文化的体験など、あらゆる要素が揃った理想的な観光スポットなのです。ロンドンの歴史と文化を体感したい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

ビクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)は、世界最大級の装飾芸術とデザインの博物館として、その膨大なコレクションと建築の美しさから、ロンドンを訪れる観光客に絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、230万点を超える圧倒的な収蔵品の質と量が最大の魅力です。古代エジプトからルネサンス、近現代に至るまで、時代を超えた幅広いジャンルの作品が所狭しと並びます。装飾品、家具、テキスタイル、ファッション、写真など、人類の創造性の粋が凝縮された作品群に、訪れる者は目を見張ります。

さらに、建物自体の美しさも見所の一つです。ビクトリア朝の気品ある建築様式を体現した、テラコッタの外壁と精緻な彫刻装飾は、まるで芸術作品そのものです。内部に足を踏み入れれば、広大な空間と高い天井、そしてステンドグラスの美しさに圧倒されるはずです。

一方で、年間を通して開催される企画展も見逃せません。最新のアート作品から歴史的資料、未公開の貴重品まで、多彩な展示が用意されており、常に新鮮な驚きを与えてくれます。

加えて、子供向けのワークショップやツアー、インタラクティブな展示など、教育プログラムも充実しています。子供も大人も楽しめる工夫が施されているのが特徴です。

見所の一つが、ファッション・ギャラリーです。中世から現代に至るファッションの歩みが、豪華な衣装や宝飾品で紹介されています。一方のキャスト・コートでは、ギリシャ神殿や中世の教会堂など、建築の模型が所狭しと並び、芸術の歴史に触れられます。

立地も抜群で、サウス・ケンジントンの中心部に位置し、地下鉄やバスでのアクセスが便利です。自然史博物館や科学博物館も徒歩圏内にあり、効率的な観光が可能です。

このようにV&Aは、膨大なコレクション、建築美、企画展の充実、教育プログラム、立地の良さなど、あらゆる魅力が詰まった博物館なのです。ロンドンの歴史と文化を体感したい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所と言えるでしょう。

ケンジントン宮殿

ケンジントン宮殿は、300年以上の歴史を持つ王室の邸宅として、その華やかな内装と庭園、王室文化に触れられる展示などから、ロンドンを訪れる観光客に絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、宮殿が王室の居住空間であり続けてきた歴史的価値が大きな魅力です。ヴィクトリア女王の生家であり、ダイアナ妃が15年間住んでいたことでも知られています。現在もウィリアム王子一家が居住しているなど、王室との深い繋がりが感じられます。

さらに、内部のステート・アパートメントは見逃せない見所です。王の回廊や女王の回廊など、各部屋が王族の豪華な生活ぶりを物語る調度品や装飾品で彩られています。まるで王侯貴族の気分が味わえるでしょう。

一方で、ヴィクトリア女王やダイアナ妃にスポットを当てた展示も充実しています。「ビクトリア・リヴェールド」展では女王の生涯を、「ダイアナ・ファッション・ストーリー」展ではダイアナ妃の衣装を間近に見られます。王室の歩みに触れられる貴重な機会となります。

庭園の景観も見所の一つで、ダイアナ妃が愛したサンクン・ガーデンの美しい景色は必見です。ハイド・パークとも近接しているため、緑豊かな環境を満喫できます。

さらに、王室の儀式用ドレス・コレクションでは、戴冠式のローブや軍服など、王族が実際に着用した衣装が展示されています。王室の伝統と格式を感じられるユニークな体験ができるでしょう。

家族連れでも楽しめるのも大きな魅力です。インタラクティブな展示や衣装体験、ワークショップなど、子供向けのプログラムが用意されています。

立地も抜群で、サウス・ケンジントン地区の中心部に位置し、地下鉄からも徒歩圏内です。自然史博物館や科学博物館なども近接する、観光の拠点としても便利なスポットです。

このようにケンジントン宮殿は、王室の歴史と文化、華やかな内装と庭園、展示の充実、家族向け設備、立地の良さなど、あらゆる魅力が詰まった人気スポットなのです。ロンドンの観光におけるハイライトとして、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

コヴェント・ガーデン

コヴェント・ガーデンは、歴史と伝統、エンターテインメント、ショッピング、グルメなど、様々な魅力が詰まったロンドンの人気スポットです。この活気あふれる街区が観光客から絶大な支持を集める理由は以下の通りです。

まず目を引くのが、17世紀に造られた由緒あるコヴェント・ガーデン広場です。エレガントな建物に囲まれたこの広場は、かつてのロンドンの面影を色濃く残しています。路上パフォーマーの演技や活気あるマーケットの賑わいは、広場の魅力を一層引き立てています。

さらに、ストリートパフォーマーの宝庫としても知られています。ミュージシャン、マジシャン、コメディアンなど、様々なジャンルのアーティストが集まり、観光客を魅了する演技を披露します。一方で、ロイヤル・オペラ・ハウスなどの文化施設でも、世界トップレベルの公演が楽しめます。

ショッピングとグルメ面でも抜群の魅力があります。高級ブランドからブティック、個性的な雑貨店まで、あらゆる好みのお店が軒を連ねています。さらに、多国籍な料理が楽しめるレストランやカフェ、伝統的なパブも充実しているため、ショッピングの合間に食事を楽しめます。

特に外せないのが、歴史あるコヴェント・ガーデン・マーケットです。この屋根付きマーケットには、新鮮な食材から手作り雑貨、アンティークまで、様々な露店が立ち並びます。活気ある市場の賑わいを体感できるだけでなく、ロンドンの伝統文化にも触れられます。

立地も抜群で、コヴェント・ガーデン地下鉄駅からすぐの場所にあります。ナショナル・ギャラリーやレスター広場、トラファルガー広場なども徒歩圏内と、観光の起点として最適です。

そして何より、常に活気とエネルギーに満ちた雰囲気が魅力的です。路上パフォーマーの演技、マーケットの賑わい、パブやレストランの賑わいなど、刺激的な体験が待っています。

このようにコヴェント・ガーデンは、歴史と伝統、エンターテインメント、ショッピング、グルメ、立地の良さなど、あらゆる要素が詰まった理想的な観光スポットなのです。ロンドンの活気と魅力を存分に味わいたい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kegeng Liu(@jiejiezi_kegeng)がシェアした投稿

シャード

シャードは、その圧倒的な高さと革新的なデザイン、そして絶景の展望台から、ロンドンを代表する人気観光スポットとなっています。この超高層ビルが人々を惹きつける理由は以下の通りです。

まず目を引くのが、その象徴的な外観です。高さ310mに達するガラス張りのピラミッド型デザインは、著名建築家レンゾ・ピアノ氏の傑作として知られています。ロンドンのスカイラインに新たなランドマークを加え、街の景観を一新しました。

しかし、シャードの最大の魅力は、展望デッキから望める360度のパノラマビューにあります。68階から72階に位置する展望スペースからは、タワーブリッジ、テムズ川、セントポール大聖堂、ロンドン・アイなど、名所が一望できます。まさに絶景と呼ぶに相応しい景色が広がります。

さらに、単なる展望台にとどまらず、「ザ・ビュー・フロム・ザ・シャード」と呼ばれるマルチメディア体験も用意されています。インタラクティブな展示やハイテク望遠鏡、ガイドの解説を通じて、ロンドンの歴史や建築に深く触れられます。

一方で、シャード内には高級レストランやバー、ショップも入っています。Aqua Shardなどの人気店では、絶景を眺めながらグルメを味わえます。ショッピングを楽しむこともできます。

立地も抜群で、ロンドンブリッジ駅に直結しているため、アクセスが非常に便利です。ボロー・マーケットやタワーブリッジなども近接する、観光の拠点として最適なスポットです。

シャードへの訪問は、西ヨーロッパ最高層ビルに登る体験から始まります。展望デッキでの絶景、マルチメディア体験、グルメ、ショッピングなど、ロンドンの新しい顔が体感できる、まさに特別な体験が待っています。

写真スポットとしても最高で、ロンドンの名所を一枚の景色に収められます。訪れる人々を魅了し続ける理由がよくわかります。

このようにシャードは、象徴的な外観、絶景の展望台、マルチメディア体験、グルメ&ショッピング、立地の良さ、写真スポットとしての価値など、あらゆる魅力が詰まった観光スポットなのです。ロンドンの新たな顔を体感したい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@london_ninjaがシェアした投稿

ボロー・マーケット

ボロー・マーケットは、歴史と伝統、グルメ、活気ある雰囲気が融合した、ロンドンを代表する人気の観光スポットです。

まず何よりも、11世紀から続く長い歴史と伝統が魅力です。ビクトリア朝時代の建築物や石畳の路地など、時を超えた情緒あふれる佇まいが、まるで過去の時代に迷い込んだかのような非日常感を醸し出しています。

さらに、新鮮な食材と世界各国のグルメが集まる、まさに食の宝庫です。地元産の野菜や肉、チーズ、パンなどの高品質な食材から、スコッチエッグやパイといった英国伝統料理、さらにはエキゾチックな世界の味までが揃います。

一方で、手作りチーズやオーガニック食品、地元産ハチミツなど、職人技が光る特産品の品揃えも自慢です。ロンドンやイギリスの食文化を体現した、上質な味覚が楽しめます。

活気に満ちた賑わいも、ボロー・マーケットの大きな魅力です。情熱的な出店者の声掛け、大道芸人の演技、食べ歩きを楽しむ人々の行き交いなど、エネルギッシュな雰囲気に包まれます。

さらに、料理教室やフードツアーなど、グルメ体験のプログラムも充実しています。調理法を学んだり、生産者の話を聞いたりと、食を多角的に味わえる機会が用意されています。

立地も抜群で、ロンドン・ブリッジ駅から徒歩圏内、シャードやテート・モダンなどの名所に近接しているため、観光の起点として最適です。

加えて、オーガニックや地元産品の取り扱いなど、環境に配慮した持続可能な取り組みも評価されています。

このようにボロー・マーケットは、歴史と伝統、グルメ、職人技、活気ある賑わい、体験プログラムなど、あらゆる魅力が詰まった理想的な観光スポットなのです。食通、文化愛好家、ロンドン好きなら、ぜひ立ち寄っていただきたい名所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Prototype Steve(@prototypesteve)がシェアした投稿

タワー・ブリッジ

タワーブリッジは、その象徴的な存在感と歴史的価値、そして絶景の展望台としての魅力から、ロンドンを代表する人気観光スポットとなっています。

まず目を引くのが、その独特なヴィクトリア朝ゴシック様式の外観です。青く塗られた鋼鉄の吊り橋は、1894年の完成以来、ロンドンのシンボルとして親しまれてきました。2つの塔と可動式の跳ね橋は、まさに建築と機能美の粋を集めた傑作と言えるでしょう。

さらに、橋の塔の上から望める景色も絶景です。テムズ川とその周辺の街並みが360度のパノラマで一望でき、ロンドン塔やシャード、シティ地区の高層ビル群など、名所が次々と眼に飛び込んできます。

一方で、橋の塔内部に設けられた展示も見逃せません。マルチメディアを駆使した体験型の展示を通じて、橋の歴史や建設の経緯、機械仕掛けの仕組みなどを学ぶことができます。ガラス張りの通路から橋の下を覗けるのも面白い体験です。

さらに、この橋の最大の魅力は、跳ね橋が持ち上がって船が通過する瞬間を目撃できることです。1日数回行われるこの光景は、まさに圧巻の一言に尽きます。橋の仕組みの素晴らしさを実感できる貴重な機会となるでしょう。

立地も抜群で、ロンドン塔やHMSベルファストなどの名所に近接しています。観光の起点として最適なスポットです。

夜はライトアップされた姿が美しく、昼とはまた違った雰囲気が味わえます。写真スポットとしても人気が高く、橋の塔や川沿いの景色など、絶好のロケーションが多数あります。

このようにタワーブリッジは、象徴的な外観、絶景の展望台、立地の良さ、夜景の魅力、写真スポットとしての価値など、あらゆる魅力が詰まった観光名所なのです。ロンドンの歴史と技術の粋を体感したい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jessica Edwards(@sharks.nd.sunflowers)がシェアした投稿

チャーチル・ウォー・ルーム

チャーチル・ウォー・ルームは、第二次世界大戦中の英国指導部の舞台裏に迫れる、まさに歴史の生きた博物館として、多くの観光客から人気を集めています。

まず何よりも、当時のままの姿で保存された空間が、まるで時を超えた体験を提供してくれます。会議室、チャーチルの寝室、作戦室など、戦時中の緊迫した雰囲気がよみがえり、歴史の生々しい息吹を感じ取れます。机の上の書類や電話、壁の地図など、細部にまでこだわった再現は、まさに時空を超えた体験と言えるでしょう。

さらに、チャーチル自身の人となりや指導力に迫れるのも大きな魅力です。彼の名演説の音声や、当時の報道映像を通して、その卓越したリーダーシップを実感できます。さらに寝室や執務スペースを見学することで、プライベートな一面にも触れられます。

一方で、第二次世界大戦の実相を学ぶ場としても価値があります。インタラクティブな展示では、地図や写真、武器の実物資料を用いて、戦況の推移や人々の生活ぶりが克明に再現されています。歴史の教訓を肌で感じ取れる貴重な機会となります。

加えて、併設のチャーチル博物館では、彼の生涯を総合的に紹介しています。幼少期から政治家、戦時指導者、そして晩年に至るまで、一人の人物が歴史に果たした役割を知ることができます。

立地も抜群で、ウェストミンスター地区に位置し、バッキンガム宮殿や国会議事堂、ウェストミンスター寺院からも程近い場所にあります。観光の起点として最適なスポットです。

このように、チャーチル・ウォー・ルームは、第二次世界大戦の生々しい舞台裏に迫れる体験型施設であり、チャーチルの人物像や指導力、さらには戦争の実相に触れられる、歴史的価値の高い場所なのです。歴史や政治、リーダーシップに興味のある方はもちろん、次世代教育の場としても最適な施設と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emma Savage(@mollyjackdfers)がシェアした投稿

ピカデリー・サーカス

ピカデリー・サーカスは、ネオンと活気に彩られた、まさにロンドンの顔ともいうべき人気の観光スポットです。

まず目を引くのが、夜空を彩る象徴的なネオンサインと大型広告ディスプレイの景観です。コカ・コーラの看板やピカデリー・ライツなど、ロンドンを象徴する光景は、写真スポットとしても人気が高く、訪れる人々を魅了し続けています。

さらに、ピカデリー・サーカス周辺は、ショッピングとエンターテイメントの宝庫です。リージェント・ストリートやピカデリー・ストリートなどの名店街が軒を連ね、ハイブランドからファストファッションまで、あらゆるニーズに応えられます。また、劇場や映画館も多数あり、ミュージカルや映画を楽しめます。夜はナイトクラブやバーが賑わい、活気あふれる夜を体験できます。

ピカデリー・サーカスは、ロンドン観光の起点としても最適なロケーションです。トラファルガー広場やレスター広場、コヴェント・ガーデンなどの名所が近接し、地下鉄の駅も隣接しているため、観光の拠点として便利です。

さらに、ピカデリー・サーカスは無料で楽しめるスポットです。ネオンの光景を眺めたり、大道芸人の演技を見物したりと、エンターテイメントを無料で満喫できるのが魅力的です。

加えて、17世紀から社交の場として栄えてきた歴史があり、ロンドンの文化を感じられる場所でもあります。街の移り変わりを見守り続けてきた、ロンドンらしさ溢れる空間なのです。

このようにピカデリー・サーカスは、ネオンの光景、ショッピング、観光の拠点、無料で楽しめる魅力など、あらゆる要素が詰まった人気スポットなのです。ロンドンの活気と魅力を存分に味わいたい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Németh Vivien(@nemethvivienne)がシェアした投稿

トラファルガー広場

トラファルガー広場は、歴史と活気が交わる象徴的な公共空間として、ロンドンを訪れる観光客から絶大な人気を誇っています。

まず何よりも、ナポレオン戦争の海戦「トラファルガーの戦い」の勝利を記念して建てられた由緒ある場所であることが挙げられます。広場の中心にそびえ立つネルソン提督の記念柱は、英国の歴史的功績を物語る象徴的存在です。

さらに、広場周辺にはナショナル・ギャラリーやセント・マーティン教会、ライオン像など、ロンドンを代表する名所が点在しています。これらの歴史的建造物が、広場の雄大な佇まいを一層引き立てています。

一方で、広場の「第四の台座」には、常に新しい現代アートが展示されているのが特徴です。示唆に富んだ作品が入れ替わり立ち替わり登場し、パブリックアートの最前線に触れられます。さらに文化イベントも年間を通して開かれ、活気に満ちた賑わいを体感できます。

実際、広場は市民の憩いの場としても機能しています。大道芸人の演技や人々の行き交いが、エネルギッシュでエキサイティングな雰囲気を生み出しています。

加えて、ハトへの餌付けは、子供連れ家族に人気の体験スポットです。群がるハトの光景は、ユニークで思い出に残る風物詩となっています。

立地も抜群で、ロンドンの中心部に位置し、名所からの行き来も便利です。地下鉄の駅からも近く、アクセスに優れています。

そして何より、入場無料で広場の雰囲気に触れられるのが最大の魅力です。歴史的建造物を眺め、パブリックアートに触れ、活気ある賑わいを体感できる、計り知れない価値があります。

このようにトラファルガー広場は、歴史的価値、名所の集積、現代アート、活気ある賑わい、立地の良さ、無料で楽しめる魅力など、あらゆる要素が詰まった理想的な観光スポットなのです。ロンドンの歴史と文化に触れたい人には、ぜひ立ち寄っていただきたい名所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Steve Davies(@imagesbystevedavies)がシェアした投稿

ロンドンで撮影された映画

象徴的なランドマーク、豊かな歴史、多様な地区を持つロンドンは、長年にわたり数多くの映画の舞台となってきた。ロンドンで撮影された代表的な映画をいくつかご紹介します。

1. 「ハリー・ポッター」シリーズ(2001年~2011年)

人気映画『ハリー・ポッター』の象徴的なシーンの多くは、キングス・クロス駅、リーデンホール・マーケット、ミレニアム・ブリッジなど、ロンドンの様々な場所で撮影されました。

2. ノッティングヒルの恋人(1999年)

ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント主演のロマンティック・コメディで、カラフルな家々や活気あふれるストリート・マーケットなど、魅力的なノッティング・ヒル地区が登場します。

3. ラブ・アクチュアリー(2003年)

ヒースロー空港、グロスブナー・チャペル、ダウニング街10番地の有名な出入り口など、ロンドンを象徴する場所がいくつも登場する群像ロマンチック・コメディ。

4. ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)

人気小説の映画化で、有名なボロー・マーケットやカムデンのステイブルス・マーケットなど、ロンドンの様々な場所が登場します。

5. 映画英国王のスピーチ(2010年)

複数のアカデミー賞を受賞したこの歴史ドラマには、ランカスター・ハウスやエルサム宮殿など、ロンドンを象徴する場所がいくつも登場します。

6. 007 スカイフォール(2012年)

ジェームズ・ボンドの23作目となるこの映画では、ナショナル・ギャラリーや地下鉄での象徴的なシーンを含め、ロンドンで撮影されたアクション・シーンがいくつも登場します。

7. パディントン(2014年)

パディントン駅やタワーブリッジなど、ロンドンのさまざまなランドマークで撮影されたシーンがあります。

8. 博士と彼女のセオリー(2014年)

スティーブン・ホーキング博士の伝記ドラマで、ケンブリッジ大学やロンドンのさまざまな場所で撮影されたシーンがいくつか登場します。

9. メリー・ポピンズ(1964年)

この古典的なディズニー映画では、セント・ポール大聖堂、イングランド銀行、有名なチェリー・ツリー・レーンといったロンドンの象徴的なランドマークが登場しました。

10. Vフォー・ヴェンデッタ(2005年)

このディストピア的スリラーには、オールド・ベイリー、ロンドン地下鉄、象徴的なパーラメント・スクエアなど、ロンドンを象徴する場所がいくつか登場しました。

これらは、ロンドンの豊かなタペストリーのようなロケ地、ランドマーク、近隣地域を背景として、この街のユニークな個性と魅力を大スクリーンに映し出した数多くの映画のほんの一例に過ぎません。

まとめ

ロンドンのトップ20観光名所は、バッキンガム宮殿の壮大さからテート・モダンの最先端の展示まで、時空を超えた魅力的な旅を提供します。しかし、このリストは、この活気あふれる都市での忘れられない冒険の出発点にすぎません。

これら象徴的なランドマークの裏には、好奇心旺盛な旅行者によって発見される数え切れないほどの隠れた宝石や予期せぬ喜びがロンドンにはあります。コヴェント・ガーデンの活気ある通りを散策したり、バラエティ豊かなボロ市場のエネルギーを探ったり、魅力的な地元のパブに出くわしたりするかもしれませんが、この街は、訪れた後も記憶に残る体験を約束します。

ウォーキングシューズを履いて、このダイナミックな大都市の中心に足を踏み入れ、ロンドンの魔法に魅了される準備をしてください。訪れるすべての人にとって、次々と明らかになるこの魅力的な目的地の旅が、本当に忘れられない冒険を約束します。

ロンドン観光のYoutube動画



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

大英博物館の隠れた見どころガイド
ロンドン旅行の定番スポット ロンドンを訪れたら必ず訪れる国立の博物館。世界中の遺産が展示されています。入館料は無料です。1階から3階のフロアに分かれています。展示品は貯蔵品の10%以下しかありませんが、あまりの広さに1日ではとても回りきれません。 古代エジプト文明やギリシャ文明の工芸品や、ロゼッタストーン、ラムセス二世の像など、教科書に出てくるコレクションの実物を見ながら歴史の重みを感じることができます。写真撮影は、ほとんどの展示室でOKです。大英博物館では無料と有料のガイドツアー(英語)もあります。 主な見どころ ロゼッタストーン この投稿をInstagramで見る British ...
タインマス・マーケット / Tynemouth Market
イギリスで訪れるべき最高の海辺のマーケット 毎週土曜日と日曜日、地下鉄タインマス駅のプラットフォームで開かれるフリーマーケット。バーゲンハンターや観光客でにぎわいます。その壮大なガラス張りの屋根付きなので雨が降っても濡れません。この地域の人でなくても、ぜひおすすめします。 [editorial-rating ...
アダムス・アンティーク・フェア / Adams Antiques Fairs
イギリスで権威あるフェアのひとつ 1970年代に始まったロンドンで最も長い歴史を持つ日曜アンティーク・フェアです。ヨーロッパとイギリス全土から業者が集まります。 [editorial-rating ...
ロンドンっ子御用達のグリニッジ・マーケット
王室御用達として創設されたマーケット ロンドン南東部にあるグリニッジ・マーケットは、歴史と活気が融合したロンドンを代表する魅力的な屋外マーケットです。 [editorial-rating ...
ロンドン屈指の会員制プライベートクラブ13選(メイフェア地区)
究極のプライベート空間へようこそ ロンドンの中心部に位置するメイフェア地区は、高級ブランド店や一流レストラン、歴史的な建造物が立ち並ぶ、まさに洗練された街並みです。その中でも、ひときわ目立つのが、数多くのプライベート会員制クラブの存在です。 これらのクラブは、単なる社交場ではありません。それぞれが独自の雰囲気や文化を持ち、会員に特別な体験を提供しています。入会は容易ではありませんが、一度その扉を開ければ、名声、富、そしてかけがえのない人脈を手にすることができるでしょう。 本記事では、メイフェア地区で最も魅力的なプライベート会員制クラブ13選をご紹介します。それぞれのクラブの特徴、入会条件、魅力的なポイントなどを詳しく紹介していきます。   この投稿をInstagramで見る   Mayfair(@mayfair_ldn)がシェアした投稿 メイフェアのプライベート会員制クラブとは? メイフェア地区のプライベート会員制クラブは、単なる社交の場ではなく、ビジネス、人脈形成、文化活動など様々な目的で利用できる特別な空間です。入会には厳しい審査があり、会員は社会的に成功を収めた人々や著名人など、限られた人々のみが許されます。 入会方法は、まず既存会員からの推薦を得ることが必須です。推薦者はあなたの評判や経歴を保証する役割を担います。推薦を得た後、クラブの入会審査を受けることになり、面接や財政状況の確認などが行われます。 入会金と年会費はクラブによって大きく異なりますが、一般的には入会金が数千ポンドから数万ポンド、年会費が数千ポンドから数万ポンドの範囲となります。 メイフェアのプライベート会員制クラブに入会することで、以下のようなメリットが得られます。 ...